鯨山(林間尾根コース)

山行日  2020年01月10日(金)晴れ時々曇り
所在地  岩手県山田町、大槌町境界
標 高  609.1m


 鯨山へは、2005年12月と2013年1月に登っている。どちらも大槌町側から登っているので、今回は山田町の「岩手県立陸中海岸青少年の家」から登ってみる。
 青少年の家の駐車場に車を止めて出発。

青少年の家から鯨山を眺める
kuzirarinkan (1).jpg
kuzirarinkan (2).jpg
10:25分 駐車場出発
駐車場入り口に、鯨山登山口の案内板が立っている。舗装路を歩き第2営火場へ向かう。第2営火場の広場を横切って登山口に到着。

kuzirarinkan (3).jpg
第2営火場の広場入口
kuzirarinkan (4).jpg
10:30分  登山口着
青少年の家から0.2km 鯨山まで3.3km
 ここから登山道が始まる。尾根の上はアカマツ混じりの雑木林。整備された快適な道が続く。
登山口
kuzirarinkan (5).jpg
kuzirarinkan (6).jpg
尾根の登山道
kuzirarinkan (7).jpg
左に鯨山が見える
kuzirarinkan (8).jpg
右にコースが分かれる
kuzirarinkan (9).jpg
11:06分  稜線上に到着
 鯨山から北西方向へ伸びる稜線上に到着。北方に山田湾と十二神山方面の山並みが見えている。これより左折して稜線上の道を鯨山へ向かう。右方面の稜線に道はない。
稜線上に到着
kuzirarinkan (10).jpg
十二神山方面
kuzirarinkan (11).jpg
11:11分 四等三角点着
 点名「四十八坂」四等三角点があった。小さなアップダウンを繰り返しながら進む。
四等三角点
kuzirarinkan (12).jpg
390mピーク通過
kuzirarinkan (13).jpg
11:25分  圖根點着
 標高380m地点のピークに古い図根点があった。南面に圖根点、北面に錨型の山印が刻まれている。文字から察すると、初期の図根点のように思える。その手前北側に、国調の図根点が有るのを復路で見つけている。
 圖根點を過ぎると鞍部に向って急斜面を下る。
圖根點
kuzirarinkan (14).jpg
kuzirarinkan (15).jpg
11:30分  鞍部着
青少年の家から2.4km 鯨山まで1.1km
 鯨山に続く稜線上の最低鞍部に到着する。地図上では実線の道が横切っている。林道形状は残っているが、歩道になって鞍部を南北に横切っている。南に下ると大沢川コース、北へ下ると新田・織笠方面へ続いているらしい。「織笠小学校下山コース」の案内板が立っている。
 大沢川コースは青年の家方面の下山コースとして利用されているらしい。鞍部から大沢川コースを少し下ると、案内板が立っている。林道形状がはっきり残っているので、道迷いの危険は少なさそう。
「織笠小学校下山コース」の案内板
kuzirarinkan (20).jpg
大沢川コース
kuzirarinkan (21).jpg
 鞍部南東側の角に標石があった。柱石上面の角が切り落とされた形状は宮標石に似ている。文字を確認してみると、南面に宮印が刻まれている。北面には界四四の文字。これにはびっくり!!こんな所に宮界標があった。沿岸部には御料地は無いとばかり思っていた。御料地の分布地図を見ても記載されてはいない。
界四四と界四三
kuzirarinkan (16).jpg
南面に宮マーク
kuzirarinkan (17).jpg
北面に界四四
kuzirarinkan (18).jpg
 東面には「船越村」西面には「織笠村」の文字が見える。この場所は旧村境になっている。
 宮マークは稜線の南側に付いているから、御料地は鯨山の南東斜面に広がっていると思う。界標はこの場所で止まっていない感じだが、今歩いてきた稜線には見出標、界標は見当たらなかった。
西面には「織笠村」
kuzirarinkan (19).jpg
鞍部付近の東西斜面を探してみると、東斜面には見つからなかったが、西斜面に宮界標が見つかった。
 鞍部から20m程鯨山方面へ登り、登山道の南側10m付近に界四三があった。宮マークは南側に付いている。
界四三
kuzirarinkan (22).jpg
kuzirarinkan (23).jpg
この先は界標を探しながら進む。右から登ってくる尾根と合流する場所に、見出標「42の21」があった。この場所には石標、コン杭共に見つからない。この手前に文字が消えた見出標があった。こちらにはコン杭があったが、番号が合わないし、山印がない。見出標42の20、42の18を確認して進む。
見出標「42の21」
kuzirarinkan (24).jpg
見出標42の20
kuzirarinkan (25).jpg
 尾根が狭く急峻になってゆく。急斜面には太いロープが設置されている。山頂直下の岩場には真新しい鎖が設置されている。積雪は数センチ、本格的な積雪になるとこちらのコースは危険になりそう。
kuzirarinkan (26).jpg
kuzirarinkan (27).jpg
kuzirarinkan (28).jpg
12:40分  山頂到着
 山頂東端の鯨山神社に到着。神社から三角点山頂へ続く痩せ尾根からは、南方の視界が開けている。眼下に波板海岸と街並みが見えている。
kuzirarinkan (29).jpg
kuzirarinkan (32).jpg
kuzirarinkan (33).jpg
三角点山頂からは北方の展望が開ける。今日は雲が多く、遠方の山並みのコントラストが良くない。
 山頂の三角点は二等。御料地が有るのだから御料局三角点も有るはず。有りそうな尾根ピークを眺めてみる。御料地の範囲はどの程度だろうか?鯨山以外にも沿岸に御料地は有ったのだろうか?
山頂の二等三角点
kuzirarinkan (30).jpg
山頂の見出標(今回は見当たらなかったが、2013年に登った時の写真)
kuzirarinkan (31).jpg
後日鯨山西側の鯨峠を探査してみたが、宮界標は見つからなかった。見出標とコン杭が不動滝の沢沿いに、鯨峠まで続いているが、鯨峠から先は西の尾根に向って番号が進んでいる。鯨峠から鯨山方面の尾根には、国調のプラ杭だけで山頂の見出標42に繋がりそうな見出標、杭、標石は無かった。
 往路を戻って14:50分下山する。
GPSトラック
kuzirarinkan (34).jpg
青少年の家駐車場→5分→登山口→36分→稜線上→5分→四等三角点→14分→圖根點→5分→鞍部→1時間10分(宮界標探査に要した約20分を含む)→鯨山山頂

青少年の家駐車場→2時間15分→鯨山山頂(宮界標探査に要した約20分を含む)

標石の記録へ   山行の記録へ   

やっちゃん日記トップへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント