大篠沢の宮界標

山行日  2018年11月08日(木)曇り
所在地  岩手県遠野市附馬牛町


 大篠沢から4等三角点「大篠の宮界標」)大黒森山頂へ続く宮界標大黒森の宮界標の探査が終わったので、次は大篠沢右岸に続く宮界標の探査をしてみる。
 大篠沢から大黒森へ続く土塁線の対岸にある界二七一から、林道沿いに下流へ下ってみる。林道路肩から沢まで3m程に接近する場所に界二七四があった。山側に宮マーク。

林道わきに界二七四
画像













画像













座標値
画像












見出標275には石と書いてあるが界標、コン杭共に見つからない。
次は界二七六。沢の右岸ギリギリの場所に大きく露出して傾いている。今まで流されずに残っていたのが奇跡的。

界二七六
画像













画像













座標値
画像












林道山側路肩にドロコホラ沢の木杭が立っている場所に、界二七九があった。こちらも右岸ギリギリの場所にある。こちらの柱石は断面が正方形ではなく、12.5cm×11.0cmになっている。宮マークは山側にある。

画像













画像













画像













画像













画像












見出標280はコン杭。コン杭280から10m程下流に界二八一があった。こちらも右岸ギリギリの場所にある。見出標282は石、コン杭共に見つからない。

画像












画像













画像













画像












283は見出標、石コン杭共に見つからない。283-8はコン杭。次の見出標は番号が読み取れない。コン杭、石共に見つからない。そしてこれより下流には見出標はない。大篠沢を渡って左岸の斜面を探してみると界二八五が見つかった。宮マークは下流側についている。境界線は斜面を登っている。

対岸に界二八五が見つかった
画像













界二八五
画像













画像













画像












急斜面を登ると界二八六があった。雑木の斜面、地面には膝丈の薄いササ、尾根形状が次第にはっきりしてくる。

画像













画像













登ってきた斜面を振り返る
画像













急斜面を登りきるとコン杭287があった。見出標はないが、ナラの幹に赤ペンキで番号が書いてある。次の288、291もコン杭。次は界二九二、宮マークは尾根の右側についている。

画像













画像












次は界二九四。295はコン杭。

界二九四
画像













画像













画像












標高600mのピークには界二九六があった。腰高のササ藪に覆われた平坦なピーク。界標の根元に木杭が立ててあったのですぐに見つかった。

画像













画像













画像












次は界二九七、ササ藪が濃い。木杭なしで少し手間取る。尾根を下ってゆく。

画像













画像












界二九九は木杭有り、ササ藪が気にならなくなる。

画像













画像













画像












300、301、302、303、304はコン杭。次は界三〇五

画像













画像













画像












界三〇六

画像













画像












界三〇七

画像













画像













画像












界三〇八

画像













画像













画像












界三〇九と短い間隔で続く。305から真新しい見出標が現れる。

画像













画像












310、311のコン杭を確認してスーパー林道に下りる。

画像













荒川高原へ続くスーパー林道を横切って林間に入ると見出標が尾根を下っている。313、314はコン杭。そして荒川の右岸を通る林道の上に界三一五があった。宮マークは尾根の右側についている。

画像













画像













画像












林道を横切って荒川に下りて界標を探してみるが見つからない。荒川の左岸を眺めても見出標は見当たらない。今日の探査はここまでにする。これで荒川から大黒森山頂まで宮界標が繋がったことになる。御料地は界標線の東側になりそう。

GPSトラック
画像















標石の記録へ   山行の記録へ   

やっちゃん日記トップへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス