やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 大黒森

<<   作成日時 : 2015/11/08 17:04   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2015年11月06日(金)晴れ
所在地  岩手県遠野市
標 高  1079.0m



 遠野市附馬牛町からスーパー林道を荒川高原へ向かう。標高800m付近、荒川に架かる橋を渡り少し進むと、耳切山方面へ向かう林道が右に分かれる。この交差点の左側に牧場管理小屋がある。軽トラが3台、煙突からは煙が出ている。まだ馬の放牧が終わっていないらしい。
 さらにスーパー林道を登り、標高約900m地点。右側に標高901.5mの四等三角点が有る場所から左に林道が分かれている。この道は大黒森の麓まで繋がっているはず。左の林道へ進む。

↓左の林道へ進む
画像















 すぐに砂利道になるだろう・・と思っていたら、牧場の中に入っても舗装路が続いている。途中のゲートは開いている。荒川を渡ると、真新しい舗装路になる。路肩法面の様子から、今年舗装工事が行われたようにみえる。
 スーパー林道から約2.4km進むと荒れた草地の入口に着く。舗装林道はこの先も続いている。
 ここは大黒森の南斜面に広がる草地の一つ。その中でも一番標高が稼げる草地斜面の入口。ゲートは開いている。草地が荒れているから放牧には使われていないらしい。草地入口に車を止めて出発する。

↓牧場内の舗装路を進む
画像















↓右に大黒森
画像















↓あたらしい舗装路
画像















↓草地入り口
画像















8:27分  草地入口出発
 牧草よりも雑草の方が優勢になった斜面を登る。振り返ると東方の白見山方面から南方の片羽山、六角牛山、西方の石上山までが見えている。逆光でコントラストが悪いのが残念。斜面の中腹に国調図根点がある。

↓草地から振り返る
画像













画像













画像













画像













画像















↓国調図根点
画像















↓上空を舞う鷲?
画像















↓草地上端へ向かう
画像















8:38分  草地上端着
 標高約920m地点、草地の最上部から林間に入る。背丈を超える笹藪斜面。踏み跡を辿って右寄りにササを漕ぐ。まもなく荒れてしまった重機道に引き込まれる。笹薮に覆われていて重機道を進むのは能率が悪そう。山頂方向へ針路を変えて登ってみる。左にススキの茂みが見える。左に移動してみると、笹薮のない空間があった。 
 両側にササ藪が広がっていて、帯状に藪の殆どない空間が山頂まで続いていた。

↓最初はササ藪を漕ぐ
画像















↓藪の無い空間を登る
画像















↓カラマツの林間を登る
画像















↓重機道を横切る
画像















↓山頂が近づいてきた
画像















9:08分  大黒森山頂到着
 山頂の南斜面はカラマツ林と草地が広がっている。北側は笹藪斜面。三角点は二等。脇に柱石形状の花崗岩が転がっている。文字などは見えない。三角点の東側藪の中に、欠けて半分になった藪山のプレートが牧柵支柱に括り付けられている。青白プレートは見当たらない。

↓山頂
画像















↓二等三角点
画像















↓プレート
画像















山頂から北方向
画像















画像















画像















 地図上では土塁が山頂を通っているはずなのだが、それらしい盛り上がりが見えない。三角点周囲に標石などは見つけられない。山頂から南に下ってみる。少し下った場所に標石があった。柱石頭に×の刻印。南面に二一の文字。裏面、東西面には文字なし。
 牧柵支柱に沿って南へ下ってみる。途中にコン杭二七が見つかった。その先笹薮が始まる地点まで下ってみる。他に標石は見つからなかった。山頂から北側の牧柵は藪に覆われている。数十m下って断念する。

↓標石二一
画像















画像















↓南へくだる
画像















↓コン杭があった
画像















画像















 下山は踏み跡を辿って下ってみる。いたるところに鹿道が有るので人の道との区別は難しいが、できるだけ忠実に辿ってみる。標高950m地点から往路と離れて西側に下っている。最後は笹薮で道が消えてしまうが、草地に飛び出した場所は地籍図根点の脇だった。
 テープなどは付いていないから入口を見つけることは無理だろう。今回の登頂ルートは先人の登頂ルートとほぼ同じだと思う。最初のササ藪を突破すれば登頂は比較的容易ではある。しかし夏に登る気にはなれない。
10:15分 下山する。この後は石森へ向かう。

草地入口→11分→草地上端→30分→大黒森山頂
草地入口→41分→大黒森山頂


↓南麓から大黒森を眺める
画像














↓GPSトラック
画像















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
大黒森 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる