やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 二ノ倉山2015

<<   作成日時 : 2015/02/26 21:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2015年01月21日(水)晴れ
所在地  岩手県釜石市
標 高  625.3m


 二ノ倉山には2013年3月27日に、岩倉山を下山後に登っている。しかしマダニの襲撃を受けて途中で撤退している。改めて登るほどの山でもない・・と思っていたが、あかりんさんのブログで、山頂の主三角点が紹介されている。主三角点が有るとなると、登らない訳にはいかない。今の時期ならマダニも冬眠中だろう。今回も北側の瀧澤神社から挑戦してみることにする。
 瀧澤神社の駐車場に車を止めて、登頂できそうなルートを探してみる。前回は駐車場から東側の林道に進み、尾根に取付いて登っているが、ひどい柴藪の尾根だった。
二ノ倉山の西斜面を眺めると、山腹につづら折りの作業道が見えている。今回は西斜面の作業道を利用して登ってみることにする。

↓片羽山(雌岳)から二ノ倉山を眺める
画像















↓瀧澤神社駐車場
画像















↓駐車場の橋から二ノ倉山を眺める
画像















9:11分  駐車場出発
沢桧川の右岸に伸びる林道を進む。200mほど進むと広場があり、斜面に石積の遺構がある。鉱山跡だろうか?石積の上に坑口があるかも・・と、下山の時確認してみたがなにも見つからなかった。

↓右岸の林道へ進む
画像















↓広場
画像















↓石積の遺構
画像















 広場のはずれから重機道が始まる。荒れた急こう配の道を登る。右の尾根に向かう道と分かれて左の道へ進む。すると間もなく行き止まりになった。藪の薄い斜面を直登すると作業道に合流する。この道は右の尾根を回ってきた重機道だった。左に曲がらず直進していればよかったことになる。下山の時には重機道を迂回してみた。

↓重機道を上る
画像















右の尾根へ向かう重機道
画像















↓左に重機道へ進む
画像















↓行き止まりから斜面を上る
画像















9:34分 重機道終点
 標高約370m地点で重機道が終わる。ササ薮を漕いで尾根を登る。数十mの藪漕ぎで藪のない尾根に出る。

↓重機道終点
画像















↓藪から抜け出す
画像















9:48分  尾根合流
 標高約380m地点で、左から登って来る尾根と合流する。そちらの尾根にはオレンジテープが付いている。この先は山頂から北に下ってくる主尾根を登ってゆく。山頂までオレンジテープが付いている。
 藪のない狭い尾根を登る。展望は開けない。左の枝越にオイネガ森の輪郭が見える程度。

↓左から登ってくる尾根を見下ろす
画像















↓藪の無い尾根を登る
画像















↓オイネガ森が見える
画像















↓麓の町を見下ろす
画像















9:59分  標石着
 尾根の真ん中に花崗岩の標石があった。柱石頭に↑が刻まれている。矢印は山頂方向を向いている。北側に三十の文字が見える。地面が凍っていて三十の下に文字があるのかどうか判らない。古いものではなさそうに見える。

↓↑標石
画像














10:10分  山境界263
 尾根の岩場に山境界標石二六三があった。この場所から山頂まで、見出標と細いコン杭が続いている。そして二六三から西斜面を見出標が下っている。一つ下は23になっている。
 今登ってきた尾根の上に道がある感じがする。オレンジテープは麓から続く管理道の目印かもしれない。

山標石263
画像















画像















↓見出標の尾根を登る
画像















10:20分  二ノ倉山山頂到着
 山頂は立木が伐採されていて広場になっている。積雪は20cmぐらい。白杭と標石頭が見えている。三角点は三等。そして主三角点は三角点から100度で3mの場所にあった。プレートには気が付かなかった。展望は、片羽山雄岳雌岳、岩倉山が枝の隙間から見えている。
 往路を戻って11:27分下山する。
下山後栗橋分工場跡を見物、山神社に参拝して帰宅する。

駐車場→23分→重機道終点→14分→尾根合流点→32分→二ノ倉山山頂

駐車場→1時間09分→二ノ倉山山頂


↓山頂
画像















画像















↓手前三等三角点、奥が主三角点
画像















↓三等三角点
画像















↓主三角点
画像















↓片羽山方面を眺める
画像













↓岩倉山
画像















↓片羽山(雌岳)
画像















↓片羽山(雄岳)
画像















↓GPSトラック
画像
















↓山神社
画像















画像















↓分工場跡
画像















画像

















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
二ノ倉山2015 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる