やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 水呑場山

<<   作成日時 : 2015/01/18 17:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2015年01月13日(火)晴れ
所在地  岩手県大槌町、山田町境界
標 高  947m


 高滝森から南東方向へ伸びる稜線は、大槌町と山田町の境界線になっている。次第に標高を下げながら水呑場山、鳥古森山母森石坂森へと続いている。水呑場山には三角点がなく、稜線上のピークの一つという感じ。あまり登頂意欲が湧いてくる山容でもないが、水呑場という山名には惹かれるものがある。消化登山気分で登ってみることにする。

山母森から水呑場山を眺める
画像















 大槌町の県道26号、小又口から折合沢沿いに延びる林道へ入る。林道入口には「まぼろしの滝、高滝観音入口まで約8km」の案内がある。林道には全く雪が無い。落石、落枝を片付けながら進む。
林道脇に荒れた小屋を見てさらに進む。小屋の壁には「高滝入口まで5km」の案内がある。林道入口から約3.9km地点で、折合沢の左岸から流れ込む沢に架かる橋を渡る。橋には「金治内澤橋」の名板が付いている。折合沢の左岸から合流する沢は金治内沢「かねぢないさわ」ということらしい。

金治内澤橋
画像















 地図上ではこの金治内沢の右岸沿いに破線の道が伸びている。現地では荒れた林道になっている。この林道は高滝森に登るときに確認済み。今回はこの林道を進み適当な場所から尾根に取付いて山頂に向かう予定。
9:53分  荒れた林道入口出発
 折合沢沿いの林道路肩に車を止めて出発する。荒れた林道、山腹ともに雪が全く見えない。一月中旬の山とはとても思えない、まるで晩秋の風景。この様子ならラッセルはなさそう。かんじきは不要、三角点もないから標石セットも不要。いつもより荷物は少々軽い。今日の山行はスタートから楽勝気分で進む。

荒れた林道へ進む
画像















画像















 最初の左カーブ路肩に山標石があった。境界見出標は6が付いている。
画像















10:01分  林道終点着
 沢の合流地点で林道は終点、この先は歩道になっている。立木の幹に赤ペンキで「カネジナイ沢→」の文字が見える。金治内沢は向かって右の支流になるらしい。水量は左の沢の方が多そう。歩道は左の沢の右岸中腹に続いている。

林道終点
画像















 沢から数十メートル上の、急斜面のトラバース道。これは登山道かな?・・と思えるような快適な道が続く。たぶん山仕事の道なのだろう。
岩場の崩れ落ちた部分には丸太の橋が架けられている。しかし進むに連れて道が荒れてくる。落ち葉や土砂で道が埋まり足場の悪い個所が多くなる。

歩道を進む
画像















画像















10:20分  炭焼き窯跡着
 左側に石積の跡があった。周囲に石を積んで奥に煙突の穴が開いている。細かくなった木炭が散乱しているから、炭焼き窯の跡で間違いないだろう。

炭焼き窯跡
画像















 炭焼き窯の跡を過ぎると道は険しくなってゆく。急斜面の岩を削った狭い道。足を滑らせると沢に転落、無事では済みそうにない高さ。渡渉点の手前に一番危険な個所がある。急斜面の岩場、道が流されて消えている。手掛かりになる柴等がほとんどなく、崖が高くて高巻きもできない。このルート、雪が積もったら危険すぎて通れないだろう。

画像















10:27分  渡渉点着
 歩道が沢に合流、この先は左岸に道が続いている。この歩道、まさか稜線まで続いているとは思えない。ここら辺で予定の尾根に取付くことにする。
 渡渉点から左岸の斜面を登る。少し登ると左から赤ペンキの伐採予収札が合流する。尾根上の633m地点から下ってくる支尾根が林班境界になっている。赤ペンキを辿って尾根の上に到着する。

渡渉点
画像















急斜面を上る
画像















11:04分  尾根上到着
 山頂北端から西へ下ってくる尾根の、標高620m地点に到着。アカマツ混じりの雑木林、林床は枯れたササ藪になっている。藪は薄い。歩きやすい尾根、鹿道を辿って登る。左の林間を透かして高滝森方面が見えるが、展望の開ける場所はない。
 断続的に薄い積雪が残っている。標高910mを超えると雪斜面になる。20cm程度。硬雪でラッセルはなし。

尾根の上
画像















画像















北方に高滝森が見える
画像














稜線が近づくと雪斜面になる
画像















11:49分  稜線上着
 高滝森から下ってくる稜線上に到着。藪のない尾根、細いブナ、ダケカンバと雑木の森。東方に十二神山と月山が見える。ここで10分休んで出発。尾根を緩やかに登って山頂に到着する。

稜線に到着
画像















東方を眺める
画像















十二神山
画像















月山
画像















山頂へ向かう
画像















12:03分  水呑場山山頂到着
 なだらかな山頂。積雪は30cm前後。プレートは藪山が一枚だけ。展望はなし。他には「休猟区 岩手県」の黄色いプレートがブナの幹に付いているだけ。
 往路を戻って13:36分下山する。

荒れた林道入口→8分→林道終点→26分→渡渉点→37分→尾根の上→45分→稜線上→14分(休憩10分含み)→水呑場山山頂

荒れた林道入口→2時間10分→水呑場山山頂


山頂
画像















GPSトラック
画像
















下山後の林道でカモシカと出会う
画像















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
水呑場山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる