やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 鷹取山

<<   作成日時 : 2015/01/10 10:48   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2015年01月05日(月)晴れ
所在地  岩手県住田町
標 高  597m


 鷹取山には三角点が無い。しかしあかりんさんのブログ記事を見ると、山頂に標石が写っている。気になるので確認のために登ってみる。
 住田町の国道340号線から県道238号へ進む。約0.8km地点から左の林道へ進む。300mほどで最終民家に到着。その先は砂利林道になる。積雪は10cm弱だから四駆乗用車でも走れそう。県道から800m地点の路肩に車を止める。この先は路面が荒れているから無理はしない。

麓から鷹取山を眺める
画像















左の林道へ進む
画像















9:35分  林道800m地点出発
 積雪は10cmほど、杉林の中の林道を進む。右に鹿除けネットで囲まれた畑がある。この場所で林道が左に分かれる。直進するとY字路に到着。左の道は重機道、地図を見ると林道は右に大きく迂回して、正面の尾根の上に回り込んでいる。杉林の急斜面を直登しようか迷う。枝打ち、間伐されていて林床は歩きにくそう。林道を登ることにする。下山の時にはショートカットで下ってみた。
 カーブを回り込んで杉林から抜け出すと視界が開ける。正面に鷹取山の山頂が見える。振り返ると東峰山が見えている。

杉林の林道を進む
画像















Y字路は右へ進む
画像















正面に鷹取山が見える
画像















振り返ると東峰山が見える
画像















9:55分  取付き地点着
 山頂から東へ下る尾根鞍部の下に到着。林道は左にカーブして山頂の南斜面を横切ってゆく。山頂からこの場所に下ってくる尾根は、伐採後の細い雑木林で歩きにくそう。右の尾根鞍部方向は藪が少なく歩きやすそうに見える。谷地形を登って尾根鞍部へ向かう。

取り付き地点
画像















谷地形を上る
画像















10:10分  尾根鞍部着
 山頂から東へ下る尾根鞍部に到着。尾根上には鹿道があった。雪の上に歩きやすいトレースが付いている。鹿道を辿って急斜面を登る。尾根鞍部付近からは、右の林間を透かして母衣下山と羽越山の輪郭が見えている。

尾根鞍部に到着
画像















羽越山方面
画像















鹿道を登る
画像















南方の山並
画像















 標高500m付近で作業道に合流する。勾配が緩くて歩きやすそう。作業道を辿って南斜面をトラバース気味に登る。作業道は山頂へ向かうことなく、南へ下る尾根へと続いている。重機道から離れて、雪の浅い笹斜面に取付き山頂へ向かう。

作業道を進む
画像















ササの斜面に取り付く
画像















尾根を上る
画像















10:30分  鷹取山山頂到着
 山頂は40〜50cmの吹き溜まりになっている。雪を掘って山頂部分の地面を出す。気になっていた標石はコン杭だった。文字はなし。他に標石は見つからなかった。プレートもなし。コン杭の周りに錆びた針金があった。伐採作業の時のものだろうか。
 雑木に囲まれていて山頂からの展望は殆どない。西方に男火山、女火山の稜線が枝越しに見える程度。11:35分下山する。

林道800m地点→20分→取付き地点→15分→尾根鞍部→20分→鷹取山山頂

林道800m地点→55分→鷹取山山頂


山頂
画像















コン杭
画像















画像















西方の山並
画像












男火山方面
画像













GPSトラック
画像
















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い
鷹取山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる