やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 桧沢山

<<   作成日時 : 2014/12/03 12:33   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2014年11月28日(金)晴れ
所在地  岩手県遠野市
標 高  820.0m


 物見山の下山途中、桧沢山へ登ってみる。物見山へ向かう林道から、桧沢山方面へ別れる林道がある。この林道を利用して登ることにする。
9:43分  林道入口出発
 荒れてしまった林道、車の進入はできない。林道入口付近に土塁が下りてきている。林道で分断されているが、斜面の下にも土塁が続いている。
 林道の路面はしっかりしている。路肩からササや雑木が進入して車が通れないだけ。平坦な林道を進む。

↓右の林道へ進む
画像















↓林道は荒れている
画像















 右側の視界が開ける場所に出ると、高清水山が見えてくる。展望台が見える。その奥の早池峰山は雲の中。麓の遠野盆地は真っ白な霧に覆われている。遠野物語一には「遠野郷の地大昔はすべて一円の湖水なりしに・・・」と書かれている。霧に沈んだ遠野盆地はあたかも広大な湖を連想させる。
 廃車を左にみて進むと正面に桧沢山の輪郭が見えてくる。

↓高清水山方面
画像















↓高清水山
画像















↓霧に覆われた遠野盆地
画像















↓林道脇に廃車
画像















↓正面に桧沢山
画像















9:57分  尾根鞍部着
林道が尾根の鞍部を横切る場所に到着。左の物見山から下ってくる尾根の上に土塁が見える。土塁の端にコン杭がある。立木に「水」の文字が書かれている。国調図根点もあり。
土塁は林道で分断されて桧沢山の山頂方面へ続いている。鞍部の先で林道から離れ、桧沢山の南斜面を土塁に沿って登る。藪の薄い歩きやすい林間を進む。
10:04分  土塁合流地点着
標高810m付近で、西側の尾根を登ってきた土塁と合流する。合流した土塁は山頂へ向かっている。土塁の西側にも低い土塁が平行に続いている感じ。土塁の中間を登って山頂に到着する。

↓尾根鞍部を横切る
画像















↓林道から右の斜面へ
画像















↓土塁に沿って登る
画像















↓山頂が見えてきた
画像















10:09分  桧沢山山頂到着
 土塁の東側に三角点があった。薄いササヤブを刈払うと苔に覆われた標石が現れる。等級は三等。プレートは一枚。展望はない。周囲を探し回ったが他に標石は見当たらなかった。土塁は山頂を越えて北側に下っている。

↓山頂
画像















↓ササを刈り払う
画像















↓三角点
画像















↓等級は三等
画像















↓西側に土塁
画像















↓プレート
画像















 下山は土塁の東側を歩いてみる。すると土塁の合流点に宮標石があった。「界甲八〇」の文字。笠通山の宮標石は界乙だったがこちらは界甲になっている。他にも有りそう、土塁に沿って下山してみる。

↓土塁の合流点に宮標石
画像















↓界甲八〇
画像















↓裏に宮マーク
画像















↓座標値
画像















 尾根の鞍部で林道と交差したあと、尾根の土塁に沿って登ってみる。土塁の北側を進み、時々南側を確認しながら進む。
807m地点の先、810mピークで土塁が右に折れている。この場所にコン杭五七があった。更に進んで林道西側の840mピークで物見山から下ってくる土塁と合流する。この場所にはコン杭六四があった。この先進んでも宮標石は無さそう。林道入口へ向かう土塁に沿って下り、途中で林道に出て11:32分下山する。
 宮標石は一本しか確認できなかったが、桧沢山に御料地があったことは間違いないだろう。次は高清水山へ向かう。

林道入り口→26分→桧沢山山頂

↓GPSトラック
画像

















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
桧沢山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる