やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 沼沢山

<<   作成日時 : 2014/11/23 18:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2014年11月16日(日)曇り
所在地  秋田県大仙市
標 高  346.0m


 一等三角点の点名「沼沢山」には、地図上に山名が記載されていない。山行記録には三角点の点名を使うことにする。
秋田自動車道の西仙北スマートICを下りて、県道10号へ進み、更に国道13号へ合流する。国道13号を北上して秋田市方面へ進む。峰吉川から右の集落へ入り、白糸滝方面へ向かう林道へ進む。先日降った雪が路面に数cm積もっている。この林道、通り抜けできるかどうか判らないが、だめなら引き返して東側の落合集落から歩くしかない。
 林道には轍が残っている。昨日か今日、車が進入している。林道は路面路肩ともに良好。林道T字路は右に進む。右にため池を見て更に進むと、左側の視界が開ける。
 左から林道が合流する場所に東屋が立っている。「峰の山休憩所」明治14年に明治天皇が御順幸の折、この場所で休憩、観望されたという。休憩所からは、西側の展望が開けている。
 左に分かれる林道の角に「←上淀川2.3km、滝沢溜池1.4km→」の道標が立っている。地図上で「東北自然歩道」の破線の道は林道になっている。来る途中に見えた溜池は滝沢溜池と呼ぶらしい。

↓峰の山休憩所
画像















画像















画像















画像















画像















GPSトラック
画像















 林道の轍はこの先も続いている。休憩所から約1.4km進むと峰の山に到着する。林道右側の法面に登り、三等三角点を確認してみる。他に標石は見当たらなかった。

↓峰の山の三等三角点
画像















 峰の山を過ぎると林道のアップダウンが大きくなる。路面の積雪は10cm弱。予想よりも雪が少ない。
標高300m前後のピークが連なる尾根。林道は中腹を蛇行しながら通っている。
 林道から沼沢山へ続く尾根を左に見て、駐車できる場所を探しながら先へ進む。約100m先のカーブの路肩に車を止める。 
9:26分  林道駐車地点出発
 林道を引き返して取り付き地点に到着。

↓林道を進む
画像















↓駐車地点から取り付き地点を眺める
画像















9:30分  林道法面鞍部着
 沼沢山へ続く尾根は、林道に削られて急な法面になっている。林道から2m弱の高さの法面鞍部に上ってみる。正面に沼沢山手前の標高320mのピークと、その奥に沼沢山がわずかに見えている。
尾根が林道に接続する部分は10m高のピークになっている。林道鞍部から一旦このピークに登り、尾根伝いに進む予定。しかし法面の上は雑木に蔓が絡まり荒れている。直接尾根の鞍部に下ろうか・・と迷う。しかし急斜面のトラバースは厄介なもの。蔓の隙間をくぐり抜けながら法面の上を登り、ピークに向かう。
林道の上からは気がつかなかったのだが、林道の下を荒れた作業道が通っていることに、下山のとき気がついた。下山の時は、この作業道から林道鞍部に這い上がった。

↓右の路肩から法面を登る
画像















↓山頂方面を眺める
画像















 林道脇のピークから尾根を下る。鞍部からは伐採跡の若い杉植林地を登る。尾根の左側は若い植林地、右側は成木の杉林。境界を登る。柴藪が少々うるさい。
鞍部から先にピンクテープが見える。これは登山ルートの目印だった。テープは山頂まで続いていた。

↓鞍部付近は杉植林地
画像















↓鞍部から南東方向
画像















↓林道下に作業道が見える
画像















↓境界線を登る
画像















↓林道脇のピークを振り返る
画像















9:56分  標高320mピーク着
 ピークから先は伐採を逃れた雑木林が山頂まで続いている。320mピークに「緑」印のコン標石があった。藪のほとんどない尾根を鞍部に下り、山頂へ上り返す。
10:05分  鞍部着
積雪は10cm程度。展望の無い林間を登る。

↓320mピークから山頂を眺める
画像















↓尾根を進む
画像














10:13分  沼沢山山頂到着
 雑木林の山頂に到着。展望はなし。プレートもなし。ナラの幹にピンクテープ、沼沢山346.03mの文字が見える。
 一等三角点標石は、ICタグ埋め込まれている。ICタグはかなり風化している。そして柱石がベージュ色をしている。黒いゴマ入りだから花崗岩には違いなさそう。これは珍しい。これほどはっきりしたベージュ標石には、初めてお目にかかった。
 下山はピンクテープをたどって下ってみる。320mピークから少し北よりに下るが、すぐに杉境界尾根に戻っている。後は尾根鞍部まで往路と同じルート。鞍部でテープは終わっている。鞍部から荒れた作業道を水平に進み、林道法面鞍部の真下から林道へ這い上がる。
10:49分 車に戻る。その後は林道を落合まで通り抜けてみる。駐車地点の先で沼沢山が見えるポイントがあった。林道は落合まで通り抜け可能。路面良好。取り付き地点までの距離は落合からのほうが近い。

林道取り付き地点→26分→標高320mピーク→17分→沼沢山山頂

林道取り付き地点→43分→沼沢山山頂


↓山頂到着
画像















画像















画像















↓ベージュ色の標石
画像















↓林道から沼沢山を眺める
画像















↓GPSトラック
画像

















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
沼沢山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる