やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 長場内岳

<<   作成日時 : 2014/11/13 18:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2014年11月08日(土)晴れ
所在地  秋田県藤里町
標 高  945.6m


 秋田自動車道の二ツ井白神ICで下りる。国道7号から県道202号へ進み、窓山方面へ進む。馬子岱バス停から右の道へ入り、カーブの多い県道202号を迂回する。窓山集落
を過ぎると砂利林道になる。岳林道から四十八滝林道へ進む。四十八滝林道起点から約2.6km地点に規制ロープがあり、車両通行止めになっている。今日は土曜日だから奥で作業があるかもしれない。この場所に車を止めて出発する。

↓窓山手前の林道から長場内岳を眺める
画像













↓この場所に車を止める
画像















8:30分  林道通行止め地点出発
 路面、路肩ともに良好。奥まで関係者の車が入っている感じがする。紅葉はほとんど終わっている。
 谷を挟んだ対岸に、長場内岳の山頂が見えている。林道は標高550m付近まで上り坂、その先は下ってゆく。

↓林道を歩く
画像















↓林道から長場内岳
画像













画像















↓正面に山頂を見ながら林道を下る
画像















8:55分  林道崩落地点着
 この先は土砂崩れで林道が埋まり、歩道状態になっている。しかし刈払いされていて歩きやすい。

↓林道この先崩落
画像















↓歩道状態の林道を進む
画像















8:58分  白神山地世界遺産案内板着
 林道が左に直角に曲がる地点に、白神山地世界遺産地域の説明板が立っている。長場内岳の北側は、世界遺産緩衝地域に指定されている。北隣の焼山、次郎左衛門岳は世界遺産核心地域に入っている。

画像















画像















9:05分  林道終点着
 林道地形が終わった後も歩道が続いている。右下がりの急斜面をトラバースしてゆく。赤テープも付いている。谷に向かってなびいた雑木などは刈り払われていて歩きやすい。しかし足場の悪い箇所もあるから、残雪期はかなり危険な場所になりそう。

↓林道終点
画像















↓急斜面をトラバースする
画像















 正面に滝が見える。滝上部の杉林から流れてくる沢が、一般的な登頂ルートらしい。もう一つ予定していたルートは、滝の左岸から稜線の標高810mピークに向かう尾根を登るルート。しかし滝の上部は両岸が急斜面で横断は難しそう。一般ルートを登ることにする。

↓正面に滝
画像















 滝の上流は杉の植林地になっている。右岸の杉林は下刈りされている。今年の作業らしい。赤テープの道は下刈り現場までだった。刈払い道は下刈り作業のための道だった。
 稜線鞍部まで沢を登ることになる。濡れた岩は滑る。小さな滝も有りで右岸の杉林を高巻きながら登る。しかし切り倒された雑木が邪魔で能率が上がらない。

↓杉林の中の沢を上る
画像















画像















 足場の悪い沢登りは怪我が怖い。稜線鞍部は標高730m。標高650m付近まで登ると、左岸が藪の薄い斜面に変わる左岸の急斜面に取り付く。若いブナの森、登るにつれてササ藪がうるさくなってくる。稜線手前では背丈ほどのササをこぐ。

↓左岸の斜面に取り付く
画像















↓急斜面を登る
画像















10:14分  稜線上着
 標高770m付近の稜線に到着。ブナの尾根、林床はササ藪。そして踏み跡があった。尾根の上にかすかな道が続いている。まもなくササ藪は薄く短くなり歩きやすくなる。

↓稜線に到着
画像















↓稜線のブナ
画像















10:26分  標高810mピーク東端着
 標高810mの尾根を進む。左前方に山頂が見える。断続的に藪が濃くなる。踏み跡は尾根の少し北側についている。東端からは鞍部に向かって下る。狭い尾根に赤テープが付いている。登山道並みのはっきりした道の箇所も現れる。

↓長場内岳山頂が見える
画像















↓尾根を進む
画像















10:35分  最低鞍部着
 展望は北側の焼山、次郎左衛門岳方面が木々の間から見えている程度。遠方に見えるはずの岩木山は見えない。藪の濃い箇所になると、折り曲げられた細い雑木が時々現れる。完全に折ってしまわずに、追った枝を横に倒している。登山者のいたずらだろうか?
どうもそうではなさそう。踏み跡の消えた箇所に現れるところを見ると、目印のように思える。折った枝を捜しながら歩くと踏み跡がわかる。これは目印に違いなさそう。マタギの目印かもしれない。

↓焼山方面
画像















画像















↓目印?
画像















11:09分  長場内岳山頂到着
 藪道を登って山頂に到着。一等三角点の周り直径2mほど、ササの無い広場になっている。柱石の損傷なし。ICタグが埋め込まれているが、風化が進んでいる。白杭は二本ある。プレートは見当たらない。

↓山頂が見えてきた
画像















↓山頂
画像















画像















画像















ササに結ばれた赤テープに長場内岳の文字が見える。
 北側のブナの幹にNの文字が刻まれている。まだ新しい。幹の下を見るとステンレスの針金が落ちている。針金を拾い上げると青白プレートが出てきた。針金の真ん中が切られている。たぶん鉈で切り落としたのかもしれない。一応ブナの枝に掛けておく。
 展望はほとんど無いに等しい。踏み跡は山頂の先に続いている。
11:20分  山頂出発
往路を戻って13:21分下山する。

林道通行止め地点→25分→林道崩落地点→10分→林道終点→1時間09分→稜線上→12分→標高810mピーク東端→43分→長場内岳山頂

林道通行止め地点→2時間39分→長場内岳山頂


画像















↓青白プレートがあった
画像


















↓展望はほとんどない
画像















↓GPSトラック
画像



















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
長場内岳 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる