やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 焼山・ベコ谷地コース2

<<   作成日時 : 2014/09/10 20:08   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2014年9月3日(水)晴れ
所在地  秋田県仙北市、鹿角市境界
標 高  1366.1m


10:15分  焼山避難小屋着
栂森経由で後生掛温泉から4.0km、玉川温泉まで3.5km
 栂森を回ってくる登山道と合流する。避難小屋は情報通り傾いて危険な状態。入口脇のトイレは使えるが、戸を外して毛布をぶら下げてドア代わりにしている。
 この先は名残峠まで2006年に歩いている。山行記録はこちら

↓避難小屋前野分岐
画像















↓避難小屋
画像















↓噴火口が見えてきた
画像















10:34分  名残峠着
後生掛温泉から4.6km
 峠からの展望は西に森吉山、北方に岩木山、東方に八幡平、畚岳、岩手山が見えている。眼下には玉川温泉も見えている。名残峠から玉川温泉へ下る登山道は「落石の危険・立入禁止」になっている。砂礫斜面をトラバースする旧道は廃道になり、焼山山頂手前から尾根を下る新道が出来ている。
 名残峠から斜面を登り焼山山頂へ向かう。

↓名残峠
画像















↓噴火口を見下ろす
画像















↓森吉山方面
画像














↓岩木山方面
画像













↓名残峠から直接玉川温泉へは行けない
画像















10:48分  分岐着
 右は玉川温泉へ向かう新登山道。この場所から北方の展望が素晴らしい!名残峠からは見えなかった八甲田連峰も見えている。しかし遠すぎて八甲田山ピークの山座同定は難しい。
 写真を撮ってから山頂へ向かう。

↓山頂手前の分岐
画像















10:54分  焼山山頂到着
 三角点は二等、5年前には無かったプレートが付けられている。ササ藪に囲まれているから展望はあまり期待できない。

↓焼山山頂
画像















 この後玉川温泉まで縦走、バスで後生掛温泉へ戻る予定、新しい登山道を下る。ササと灌木のびっしり藪を刈り払って作られた道。大変な作業だったろうと思う。正面に玉川温泉と森吉山を眺めながら急斜面を下る。南には玉川ダム湖も見えている。旧道よりも展望の楽しめるコースになっている。

↓新登山道を下る
画像

















↓玉川ダム方面
画像

















↓玉川温泉
画像














 これから下ると12:02分発のバスには間に合いそうにない。次のバスは13:42分発、後生掛温泉着は14:12分。引き返せば13時には後生掛温泉に戻れそう。
 縦走コースは5年前すでに歩いている。なんだか嫌になって来た。縦走は止めて栂森を回って後生掛温泉に戻ることにする。
11:06分  名残峠戻る
11:25分  避難小屋戻る
 栂森へ向かって登山道を登る。

↓避難小屋上から栂森方面
画像















↓栂森を正面に見て進む
画像















11:44分  毛せん峠着
 ベンチで休んでいると後生掛温泉方面から登ってきた男性二人と出会う。登山道に設置する杭を背負っている。ベンチで休憩、焼山周辺の情報を教えてもらう。この日山中で出会ったのはこの二人だけだった。

↓毛せん峠
画像















 栂森の山頂に登ってみる。三角点の無い山頂、ベンチがあり南方の展望が楽しめる。西に森吉山、南方に和賀山塊と秋田駒ケ岳、東に畚岳、八幡平が良く見える。

↓八幡平方面
画像













↓秋田駒ケ岳方面
画像













↓和賀山塊方面
画像













画像













↓森吉山方面
画像













 栂森を後にして登山道を下る。こちらも刈払いされていて快適な登山道。
12:23分  国見台着
名残峠から1.2km、後生掛温泉へ2.2km
 国見台からは北方の視界が開けている。秋田八幡平スキー場、遠方に八甲田方面の山並みが見えている。

↓国見台から八幡平方面
画像















 国見台を過ぎると樹林の中の道になってゆく。木道が整備されていて快適な道を下る。
木道を回り込むと黒い動物が前を走っている。くまさんが木道を走っている!ウエストバックからカメラを出そうと思ったが間に合わない。すぐ見えなくなってしまった。見えていたのは2秒ぐらいだろうか。
 後生掛温泉まで500mぐらいの場所。これから引き返すわけにもいかない。登山者の多い整備された登山道。こちらはガラゴロと鈴を鳴らしながら歩いているのだから、そのまま歩き続ける。今度はカメラを手に持って証拠写真を狙って見る。
 100mほど進むと、右後ろ20mぐらいの場所でガサガサと音がする。さっきのくまさんが逃げて行く。黒い姿はみえない。
 周囲を見ながら歩いていたのに、くまさんに全く気が付かなかった。何度か経験しているが、それにしてもくまさんの習性は面白い。一旦逃げても遠くへは行かない。直ぐ近くの藪に潜んでじっとこちらの様子をうかがっている。直前まで引きつけてそして逃げてゆく。たぶん好奇心が強いのだろう。立ち止まったり藪に踏み込んだりしたらやばそう。結局証拠写真は撮れなかった。

↓木道をくまさんが走っていった
画像















13:03分  後生掛温泉上の分岐着
名残峠から4.6km、後生掛温泉まで0.1km、大沼まで1.3km
 右に下ると後生掛温泉、直進してベコ谷地登山口へ向かう。こちらも刈払いされた歩き易い道が続く。
13:08分  ベコ谷地登山口戻る
緩やかに下って、ベコ谷地登山口に戻る。舗装路を歩いて13:12分 駐車場に戻る。
この後「八幡平温泉ゆらら」で入浴して帰宅する。

駐車場→5分→ベコ谷地登山口→18分→ベコ谷地→7分→澄川発電所分岐→43分→湯ノ沢→1時間02分→焼山避難小屋→19分→名残峠→20分→焼山山頂

駐車場→2時間54分→焼山山頂(湯ノ沢入浴22分+名残峠休憩10分含み)


↓後生掛温泉上の分岐
画像















↓GPSトラック
画像















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
焼山・ベコ谷地コース2 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる