やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 葡萄森

<<   作成日時 : 2014/01/07 15:05   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2014年1月5日(日)晴れ
所在地  岩手県釜石市、大槌町境界
標 高  587.9m


 葡萄森には登山道が有るらしい。しかし登山口がどこにあるのかよく分からない。登山口探しをしているよりも、登り易そうな尾根を登った方が早い。点の記のルートを辿って登ってみることにする。
 遠野市内から県道35号に進み、笛吹峠を越えて鵜住居方面へ向かう。鵜住居町太田にある、釜石保健所動物管理センターの空き地に車を止めて出発する。

↓小鯨山から葡萄森を眺める(中央)
画像



























8:48分  動物管理センター出発
 管理センター脇の林道は路肩が荒れている。傷が気にならなければ300mほど先まで進入は可能。その先は路面が荒れていて車が進入した形跡はない。

↓動物管理センターの駐車場
画像
































動物管理センター脇の林道を進む
画像




























↓荒れた林道を進む
画像
































9:01分  林道終点着
 廃車のある広場に到着。この先は沢の中を登る。水量が少なく歩き易い。右側に登り易そうな斜面を探しながら進む。

↓林道終点
画像



























↓右の斜面を登る
画像



























9:07分  斜面に取付く
 浅い溝状になった斜面に取付く。藪の無いすっきりした急斜面を少し登ると、鹿道に合流する。鹿道を辿ると歩き易い、登山道並みの道を登る。
9:23分  荒れた作業道横切る
 作業道で鹿道が途切れる、柴や雑木につかまりながら急斜面を直登する。

↓鹿道を登る
画像





































↓荒れた作業道を横切る
画像




























↓急斜面を登る
画像



























9:35分  尾根の上着
 標高320m地点で西から登ってくる尾根の上に出る。国調杭のある尾根は藪が無くて歩き易い。

↓尾根の上は藪なし
画像




























9:40分  393mピーク着
 標高393mの尾根ピークに到着。国調図根点杭がある。右側から登ってくる尾根に道らしき跡がある。国調杭の道が合流している。この先は左の尾根を登って行く。はっきりした道が付いている。鹿の足跡を追って藪の無い尾根道を登る。振り返ると南方に仙磐山、その右に片羽山が見えている。しかし木々の枝が邪魔をして写真の写りは良くない。
 山頂から東西に連なる稜線の手前で、尾根上の踏み跡は左右に別れてしまう。尾根を真っすぐ進んで稜線に到着する。

↓393mピーク
画像




























↓国調杭の尾根を登る
画像



























10:01分  稜線着
 この先山頂まで国調杭に沿って道が有る。展望は殆どなし。緩やかな尾根道、ピークを踏みながら登る。

↓稜線上にも道有り
画像



























↓山頂が見えてきた
画像




























10:13分  葡萄森山頂到着
 積雪は10cm弱、白杭と三角点は雪の上に露出している。等級は二等、プレートはたぶん有るのだと思うが見つけられなかった。山頂からの展望は東方に大槌町と大槌湾、両石湾が見えている。
 大槌の町は、がれきの片付けが終わり広大な更地になっている。町の再建はまだまだ進んでいないように見える。

↓山頂
画像




























↓二等三角点
画像




























↓大槌湾方面
画像















↓大槌町中心部
画像


























↓大槌湾と太平洋
画像






















北方の展望は白見牧場の風車群から白見山、土坂峠、妙沢山、高滝森、水呑場山、山母森方面の稜線が見えている。

↓北方の展望
画像
















↓白見山方面
画像
















↓妙沢山方面
画像
















↓高滝森方面
画像
















↓水呑場山方面
画像
















↓山母森方面
画像
















 三角点から東へ50mほど先にあるピークに行ってみる。こちらのピークには神社があった。久遠山と刻まれた石碑と、左右に獅子頭が二つ、他に小さな獅子頭が三つ祭られている。正月に参拝者が訪れた形跡はない。しめ縄、御幣もなく寒々とした雰囲気。いつ供えられたものか、ワンカップが一本雪に半分埋もれている。新年一番乗り(だと思う)の参拝をする。
 神社から東へ下る稜線上に、登山道らしい道が続いている。こちらが神社の参道、登山ルートなのだろう。
 神社ピークから枝を透かして鯨山と小鯨山が見えている。しかし展望は開けない。
 往路を戻って11:30分下山する。今回登ったルートには、山境界見出標は見当たらかった。この後は赤仁田森へ向かう。

動物管理センター→13分→林道終点→39分→393mピーク→21分→稜線→12分→葡萄森山頂
動物管理センター→1時間25分→葡萄森山頂



↓神社から山頂を振り返る
画像




























↓権現様
画像




























↓GPSトラック
画像






























山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
葡萄森 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる