やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 摩当山

<<   作成日時 : 2013/11/28 07:03   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2013年11月17日(日)晴れ
所在地  秋田県北秋田市、大館市境界
標 高  444.32m


 北秋田市内の国道7号線から国道105号へ進み南下する。鷹巣で県道102号の信号十字路を左折する。米代川を渡り摩当地内から右の市道へ進み李岱「すももたい」へ向かう。米代川に架かる橋の上から、正面に南北に長い稜線が見えている。あの稜線の最高地点が摩当山に違いない。西斜面は伐採後の植林地、山頂付近は木々が茂り、なだらかな里山にしか見えていない。

↓麓から摩当山を眺める
画像













 李岱の集落を過ぎて更に摩当川沿いに進む。鞍山の東側を通ってくる林道を横切り、更に900mほど進むと広場が有り、左に荒れた林道(割沢林道)が別れる。
 今年8月、田代岳の下山後に確認したところによると、割沢林道を進めば摩当山に登れる・・と地元の方が言っていた。登山道が有るとは言っていなかったから、伐採作業道が山頂まで続いている・・という程度の道だろうとは思う。GPSには、割沢林道の二つ目のヘアピンカーブから、尾根に取付いて登るようにルート設定してある。
割沢林道は路面路肩に雑草が茂って荒れているので、乗用車では入りたくない。この場所に車を置いて歩くことにする。

↓割沢林道入口広場
画像
















13:45分  割沢林道入口出発
 林道には車が進入した形跡はある。たぶんキノコ採りの軽トラだろう。路肩が荒れている。乗用車は無理。

↓割沢林道入口
画像
















↓林道路肩は荒れている
画像
















14:00分  一つ目のヘアピンカーブ着
 最初のヘアピンカーブで林道は崩壊していて車は先へ進めない。新しい測量杭が見えるから、復旧工事が行われるのかもしれない。沢に下りて崩落した林道の対岸に這い上がる。この先の林道は一層荒れている。
 なだらかに見えた西斜面は、予想に反して急斜面が続いている。なだらかな稜線から下ってくる尾根はいずれも急斜面。藪が酷ければタイムアウトになるかも・・急ぎ足で進む。

↓崩壊地点を過ぎると一層荒れている
画像















↓正面の痩せ尾根を登る
画像
















14:21分  二つ目のヘアピンカーブ着
 予定の尾根取付き地点に到着。荒れた林道はこの先山頂から離れてゆく。山頂方向に別れる作業道も見当たらない。予定の尾根を登ることにする。痩せ尾根の左側から柴の急斜面に取付き尾根の上に這い上がる。

↓尾根へ這い上がる
画像
















 尾根の上には薄い踏み跡が付いている。高木が残っているから藪も殆ど苦にならない。急斜面を登る。イワウチワの群落がある。尾根左側が杉林になるとササ藪が勢いを増してくる。山頂間近になると背丈を越すササの藪斜面になる。左側の杉林はササ藪が薄いが、急斜面だからトラバースは無理。尾根上のササ藪をかき分けながら進む。

↓尾根の上は歩き易い
画像















↓山頂直下でササ藪が現れる
画像
















↓南側の稜線を眺める
画像
















14:58分  摩当山山頂到着
 胸高の薄いササ藪に覆われた山頂に到着。落ち葉に埋もれた一等三角点はすぐに見つかった。ICタグが埋め込まれている。展望はなし。プレートもなし。北側の尾根に踏み跡が見えるので進んでみる。しかし20mも進むと踏み跡は消えてしまう。登山道は見当たらない。15:47分下山する。

割沢林道入口→1時間13分→摩当山山頂

↓山頂
画像
















↓山頂の三角点
画像
















↓一等三角点
画像
















↓展望はない
画像
















↓GPSトラック
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い
摩当山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる