やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 四ノ宗山

<<   作成日時 : 2013/11/08 08:33   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2013年10月31日(木)晴れ
所在地  岩手県花巻市
標 高  918.7m


 あかりんさんのブログ記事「四ノ宗山」に、次三角点の写真が載っている。大変珍しい標石なので、確認に出かけてみる。
 花巻市大迫町から県道43号を早池峰ダム方面へ向かう。

↓早池峰ダムを過ぎて県道25号から四ノ宗山を眺める
画像













早池峰ダムから県道25号へ進みダム公園へ向かう。ダム公園を右に見て、久出内川沿いに延びる左の市道へ進む。県道25号から約1.1km地点、右へ別れる林道へ進む。(舗装されているから市道かもしれない)

↓久出内川を渡り右の車道へ進む
画像
















 約300m進むと左に林道が別れる。左の砂利林道へ進む。路面はそれ程荒れてはいないが、倒木が多い。軽トラは正解だった。枝を処理しながら進み、約1.4kmで山腹を南北に走る林道に突き当たる。
 山腹の林道を右へ進み、四ノ宗山から南西方向に下ってくる尾根へ向かう。南西方向に下ってくる尾根の山腹に出ると、林道は下り坂になる。標高565.0mの三角点手前のカーブに車を止めて出発する。ここまで約1km。

左の林道へ進む
画像
















↓倒木を片づけながら進む
画像
















↓左の斜面を登る
画像
















9:30分  林道カーブ出発
 林道から登り易そうな斜面に取付き尾根の鞍部に登る。標高565.0mの三角点を確認するため尾根を下る。
9:40分  四等三角点着
 雑木林の尾根に四等三角点を確認する。保護石は4個、プレートはない。
 尾根を登って山頂へ向かう。尾根上は殆ど藪がない。ササはまばらでひざ丈程度。獣道、鹿道らしい踏み跡が続いている。

↓四等三角点
画像


















画像
















↓藪の殆ど無い尾根を登る
画像
















10:06分  標高700m地点着
 標高700m地点で左から登ってくる尾根と合流する。ここから尾根の上に境界杭がある。左に下る尾根が境界線らしい。標高700mを過ぎると黄葉は殆ど終わっている。
 踏み跡を辿って尾根を登る。コンクリート杭の境界杭105があった。見出標は付いていない。杭の頭に赤ペンキもなし。というよりも長い年月の間に赤ペンキが消えてしまったと言う方が当たっている。かすかに赤みが見える。
 更に登るとコンクリート杭106があった。こちらにも見出標は付いていない。
 標高約770m地点で南側から登ってくる尾根と合流する。この場所に境界杭107がある。こちらは花崗岩の柱石に一〇七の文字が見える。測定はしてこなかったが太さは四寸角だと思う。

↓尾根には踏み跡が付いている
画像
















↓境界杭105
画像
















画像
















↓境界107は石標
画像
















 109はコンクリート杭。そして尾根の標高約820m地点に次三角点標石があった。
10:30分  次三角點着
 標高約820m地点、尾根の小さなピークの陰に山標石があった。藪の無い地面から20cmほど露出している。南面に次三角點、北面に山の文字が刻まれている。柱石頭の縁が丸く落されている。太さも五寸角で主三角点と同じ。柱石頭にかすかに赤ペンキが残っている。
 それにしても不思議な場所に設置されている。山頂までわずかな距離しかないから、三角点網の精度の関係ではなさそうに思える。もしかしたらこの場所でなければ見通せない主三角点が有ったのか・・あるいは主三角点を結ぶ線上の中継点だった・・ということも考えられるのかも。
 四ノ宗山を下山後、南隣りの上岩山に登ってみたが、山頂には主三角点があった。距離的に近すぎるから、四ノ宗山は主三角点網には該当していないような気がする。周囲の主三角点の配置が明らかになれば、四ノ宗山の次三角点の謎が解けるかもしれない。

↓次三角点
画像
















画像
















画像




















画像
















↓次三角点座標値
画像
















 次三角点から尾根を進んで山頂へ向かう。次のコンクリート杭は111になっている。そうすると次三角点は110番と言うことになる。

↓山頂が見える
画像
















10:52分  標高850mピーク着
 痩せ尾根のピークに到着。木の根元に花崗岩標石112があった。山頂手前斜面はササが茂っている。ササの中にコンクリート杭118があった。そして山頂の約20m手前に花崗岩標石119があった。

↓石標112
画像
















11:05分  四ノ宗山山頂到着
 腰高の薄いササ藪に覆われた山頂に到着する。三角点は三等、プレートは一枚。展望はない。三角点周囲を探してみたが山標石は見つからなかった。境界見出標もなかった。
往路を戻って12:03分下山する。この後林道を北に進み久出内川の上流を回って集落に戻ってみた。久出内川までの区間は路面路肩共に良好だったが、久出内川の右岸を集落に下る林道は、荒れ気味だった。四駆車でないと厳しそう。乗用車は止めておいた方が良さそう。この後上岩山へ向かう。

林道カーブ→10分→四等三角点→26分→標高700m地点→24分→次三角点→35分→四ノ宗山山頂

林道カーブ→1時間35分→四ノ宗山山頂


↓山頂手前に石標119
画像
















↓山頂
画像
















↓三等三角点
画像
















↓GPSトラック
画像
















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
四ノ宗山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる