やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 太平山1

<<   作成日時 : 2013/08/10 08:22   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

山行日  2013年8月4日(日)晴れ
所在地  秋田県秋田市
標 高  1170.48m


 秋田自動車道を秋田中央ICで降りる。県道15号に進み仁別方面へ向かう。仁別から林道へ進み仁別国民の森へ向かう。仁別国民の森を通過して、林道終点の旭又登山口に到着する。

↓秋田市内大森山公園から太平山を眺める
画像
















7:53分  旭又登山口出発
 駐車場は約30台、ぽっちゃんトイレあり。すでに15台ほどの車が止まっている。県都に近い名山ということで登山者が多そう。今日は旭又登山口から山頂まで、最短ルートの旭又コースを登ることにする。
赤倉沢に架かる橋を渡ってすぐ、左に馬場目岳へ向かう登山道が別れる。太平山登山口の標柱を見て杉林を一登りすると軌道跡の登山道に合流する。

↓登山口駐車場と奥にトイレ
画像
















↓橋を渡って登山道へ進む
画像
















8:00分  駐車場分岐着
旭又駐車場から150m、太平山(奥岳)へ4.4km
 杉林の中、軌道跡のなだらかな登山道を進む。
8:01分  赤倉岳登山口着
旭又駐車場から0.2km、赤倉岳へ3.4km
 左に赤倉岳へ向かう登山道が別れる。
8:07分  橋を渡る
 旭又沢に架かるコンクリートの橋を渡る。ここで先行していた男性二人組を追い越す。

↓軌道跡の登山道を進む
画像
















↓コンクリートの橋を渡る
画像
















8:08分  水場着
 木道の脇に水場が有る。こちらは湧き水だから一口飲んでみる、美味い。
8:10分  矢源沢入口(宝蔵岳コース分岐)着
太平山(奥岳)へ3.8km(旭又コース)、太平山(奥岳)へ4.0km(宝蔵岳コース)
 ガイド本によると、宝蔵岳コースも見所が多いらしい。しかしコースの状況が良く分からない。荒れていないようなら下山に歩いてみることにして、旭又コースを進む。
 枕木の階段を踏んで直線の軌道跡を登る。杉植林地を過ぎると広葉樹林になる。

↓水場
画像
















↓宝蔵岳コースが右に別れる
画像
















8:18分  弟子還沢徒渉点着
 登山口に注意書きがあったとおり、木製の橋は大きく変形していて通れそうにない。下流に設置された丸木橋を渡る。徒渉点の上に標柱があり、旭又登山口から1860mの表示が有る。一登りで御滝神社に到着する。軌道跡を利用した登山道はここまでらしい。

↓弟子還橋の渡渉点
画像
















8:21分  御滝神社着
 鳥居をくぐると小さなお社があり、広場にはベンチも有る。

↓御滝神社
画像
















画像
















 神社を過ぎると急斜面の登りになる。広葉樹林に天然杉が混じるようになる。樹齢100年を越えるような幹も有り見ごたえがある。
 尾根の急登が続く。高度が上がるにつれ、天然杉は無くなりブナ林へと変わる。登山道の周囲には、ブナの純林が広がっている。木肌の白いブナから、次第に水苔の貼りついた黒っぽいブナへと変わってゆく。立ち止まって汗を拭きながら、森を眺める。標高による樹相の変化を楽しみながら登る。

↓天然杉の尾根を登る
画像
















画像
















↓左に赤倉岳方面の尾根が見えてくる
画像
















9:20分  御手洗着
 御手洗の広場には20人ほどのグループが休憩中。昨夜山頂の三吉神社参籠所(山小屋)に一泊して下山する途中とのこと。登りは宝蔵岳コースを歩いたという。そちらのコースの状態は良さそう。下山は宝蔵岳コースに決定する。
 ベンチのある広場には御手洗神社の石碑と御地蔵様が二体、太平山と刻まれた石碑、他に一体の石碑がある。水場は小さな池の底から冷たい水が湧きだしている。水量は多い。

↓御手洗の広場
画像
















↓御手洗神社
画像
















画像
















画像
















↓湧き水は水量豊富
画像
















 御手洗の先も急斜面の登りが続く。登山口の標高が約300m、山頂が1170mだから標高差が870mある。きついコースだと思う。
10:09分  水場着
 稜線に出る手前に水場が有った。わずかに浸み出す水が岩の窪みに溜まっている。コップが備え付けて有るが、飲む気にはなれない。水場を過ぎると右側の視界が開けてくる。日本海と海岸線、男鹿半島の本山が薄っすらと見えている。

↓稜線下の水場は水量が細い
画像
















↓稜線に到着
画像
















10:19分  稜線分岐着
 稜線に到着する。稜線上を赤倉岳方面へ向かうコースが左に別れる。右の稜線を山頂へ向かう。正面に山頂神社が見えている。ササと灌木の尾根道、振り返ると赤倉岳から馬場目岳へ通ずる稜線が見えている。その遠方に見える山体は森吉山だろうか?

↓稜線分岐にある鐘
画像
















↓山頂方向
画像
















画像
















↓振り返って赤倉岳、馬場目岳方面
画像













画像













10:32分  太平山山頂到着
 鳥居をくぐり一登りして山頂に到着する。山頂神社下にあるトイレは、登山口に注意書きがあったとおり利用できない。参籠所(山小屋)は営業中。6月初旬から9月下旬まで神社関係者が常駐されている。休憩は無料、予約すれば宿泊が出来る。三吉神社に参拝。
 一等三角点は奥宮の西側にあった。柱石の頭がモルタルで補修してある。ICタグが埋め込まれてインテリジエント基準点になっている。木々の無い山頂からの展望は素晴らしい。山頂方位盤を見ると鳥海山、岩手山はもちろんのこと、早池峰山の山名もある。早池峰山が見えるとはちょっと驚く。しかし今日は雲が多くて鳥海山さえも見えていない。
山頂で展望を楽しみ、下山は宝蔵岳コースを下ってみる。

旭又登山口→14分→宝蔵岳コース分岐→14分→御滝神社→59分→御手洗→59分→稜線分岐→13分→太平山山頂

旭又登山口→2時間39分→太平山山頂


↓山頂の参籠所(山小屋)
画像
















↓奥宮
画像
















画像
















↓一等三角点
画像
















画像
















↓東方の展望
画像













↓南東方面
画像













↓南西方面
画像














↓秋田市内方面
画像













↓山頂の鳥居
画像



















太平山2へ   山行の記録へ   

やっちゃん日記トップへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メンズゲット/03-5957-1655まで詐欺返金相談、出会い系サイト詐欺、悪質サクラ被害の解決なら
? メンズゲット ? URL: http://forgay.jp?※当社にて相談の多い会社になります。出会い系詐欺・悪質サクラ被害の返金・解決はあすなろ総合調査まで多大な被害に遭ってしまって泣き寝入りや諦めてしまっていませんか?わずかな証拠や手掛かりしかなくても解決することは可 ...続きを見る
メンズゲット/03-5957-1655ま...
2013/09/11 19:27
太平山1 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる