やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩井船山

<<   作成日時 : 2013/03/31 15:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2013年3月22日(金)晴れ
所在地  岩手県宮古市
標 高  926.8m


 志和須森に登頂後、岩井船山へ向かって出発する。
10:26分  志和須森山頂出発
 山頂から広い尾根を東へ下り鞍部に向かう。鞍部から右に見える1018mピークに向かって緩やかに登る。藪の無い林間、雪面は硬く締まっているからカンジキの出番はない。途中で左斜面から境界見出標が尾根に向かって登ってくる。

↓禰々子森の林道から薬師岳と岩井船山を眺める
画像
















↓志和須森の東斜面を下る
画像
















10:45分  標高1018mピーク着
 なだらかなピークの上に到着。振り返ると志和須森の輪郭が、木々を透かして見えている。1018mピークを過ぎると尾根の上に境界見出標が現れる。緩やかに尾根を下ってゆくと次第に雪が少なくなる。コンクリートの境界杭に混じって山境界標石も現れる。林床は腰高程度のササ藪に覆われている。ひどい藪では無さそう。境界見出に沿って道が有るように見える。553番554番・・と見出標の番号が進んでいる。554番で右側の斜面から若い境界見出標24番が合流する。500番台と同じ方向に進み、30番で消えてしまう。566番は石標、普通の山境界標石。

↓藪の無い尾根を進む
画像
















画像
















↓1018mピークから志和須森を振り返る
画像
















 境界杭を探しながら歩いていると、右側50mほど離れた場所を5頭のホンシュウシカが一列縦隊で登って行く。こちらが風下だから気づいていない様子。写真を撮ってみたが木が邪魔になってうまく写っていなかった。

↓ホンシュウシカ
画像
















↓尾根の上に境界見出標
画像
















↓566番の山境界標石
画像
















↓境界標に沿って道がある
画像
















11:13分  894mピーク着
 894mピークを過ぎてなだらかな尾根を最低鞍部に向かって下って行く。ササ藪が目立つようになってきた、雪斜面を拾いながら進む。50mほど先の太いナラの幹から、大きな角を持ったホンシュウシカが顔を出している。カメラを向ける間もなく、走り去ってしまった。
 そして同じ場所から今度はカモシカが顔を出してこちらを見ている。今度はカメラを構えても逃げ出さない。左に巻きながら下り、静かに近づいてみる。しかし30mぐらいまで近づくと走り去ってしまった。なんとなく元気が無い、足を怪我しているようにも見える。

↓894mピークから正面に岩井船山の輪郭が見える
画像
















↓カモシカ
画像
















11:20分  最低鞍部着
 最低鞍部を過ぎると尾根の北側斜面が、カラマツの植林地になっている。カラマツ植林地の中腹まで登ると、北方と西方の視界が開ける。西に早池峰山と志和須森、北方にはサクドガ森、害鷹森、峠ノ神山方面の山並みが見えている。この斜面が志和須森から岩井船山の稜線上で唯一の展望地になっている。展望を楽しみながらカラマツ斜面を登り、再び林間に入る。

↓カラマツ植林地を登る
画像
















↓西に早池峰山と志和須森
画像














↓早池峰山
画像
















↓北方の山々
画像












↓サクドガ森方面
画像












↓害鷹森方面
画像












↓害鷹森と峠ノ神山の中間
画像












↓峠ノ神山方面
画像












 境界見出標に沿って尾根上の踏み跡を登る。境界標586番は石標、標石の上面を見ると×の刻印!しかし柱石の南面には山マーク。×印は御料局の標石専用のはず・・なのだが?宮標石を再利用したものかも・・?と裏面、側面を確認してみるが、そのような形跡は見えない。すぐ脇にはコンクリート杭もあり、意味不明のマークが刻まれている。

↓林間を登る
画像
















↓境界標586番
画像
















↓×の山境界標石
画像
















画像
















↓コンクリート杭
画像
















11:52分  岩井船山山頂到着
 細い雑木に囲まれた山頂に到着。白杭が雪の上に出ているから三角点を足で掘り出す。等級は三等。しかし文字面が正確に東を向いている。プレートは赤文字が一枚だけ確認できた。山頂にも586番にあったと同じ細いコンクリート杭があった。
 山頂からの展望はない。下山は予定どおりカラマツ植林地の鞍部から、急斜面を下って林道に下りる。13:28分下山する。

志和須森→19分→1018mピーク→28分→894mピーク→7分→最低鞍部→32分→岩井船山山頂

志和須森→1時間26分→岩井船山山頂


↓山頂
画像
















↓白杭と三角点
画像
















↓プレート
画像
















↓カラマツ植林地を下る
画像
















↓林道脇の福寿草
画像



















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
岩井船山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる