やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 禰々子森

<<   作成日時 : 2013/03/17 19:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2013年3月12日(火)晴れ
所在地  岩手県宮古市
標 高  1010.3m


 禰々子森(ねねこもり)の中腹には林道が通っているが、冬期間は積雪のため通行できない。もともとこの林道は、車の通行ができるものなのかどうかよく判らない。いずれにしても登山道は無さそうだから、積雪のあるうちに登ってみることにする。

↓オーヅ岳から禰々子森を眺める
画像













 遠野市内から国道340号を宮古市方面へ向かう。立丸峠を越えて小国、江繋を過ぎ、最初のトンネル手前から右の旧道へ入る。300m先から右へ入り、尻石沢沿いの道を進む。1.8km地点T字路を左に入り中之又集落へ向かう。約1.5km地点まで進むと最奥の民家で舗装が途切れ、その奥は雪道になる。これ以上車で進むのは止めておく。
 引き返して中之又沢の支流沿いに延びる破線の道を確認してみる。こちらは民家の前を通って林道が伸びている。破線の道は林道らしい。こちらの林道を登ることにして手前のカーブ路肩に車を止めて出発する。

↓中之又沢に架かる橋を渡って林道へ
画像
















8:23分  P出発
 舗装路を200mほど歩いて左の民家庭先の橋を渡る。小屋の裏の犬一匹と作業小屋の二匹が盛んに吠えている。民家から住人が出てくる様子はないから、そのまま通り過ぎる。沢の右岸に沿って林道を進む。間もなく右へ林道が別れる。500mも進まないうちに林道は荒れて車の通行ができなくなる。この様子では破線の道は終点まで繋がっていないかもしれない。
 林道正面にアカマツの生えたピークが見えてきた。標高821.2mの三角点ピークらしい。

↓荒れた林道正面に三角点ピークが見える
画像
















8:45分  左岸の林道へ
 右岸沿いに登って来た林道が消えてしまう。この先は左岸に残る林道を進む。荒れてしまった林道の痕跡を辿って沢を登る。

↓林道が消えて沢を登る
画像
















9:04分  右岸の尾根に取付く
 廃林道の痕跡が完全に消えてしまう。沢筋を少し登ると、これ以上沢を登るのは危険な状態になる。標高約510m地点で右岸から小沢が流れ込んでいる。その脇に痩せ尾根が下りてきている。ササ藪も無く、登り易そうな尾根に取付いてみる。アカマツと雑木の尾根上には獣道が続いている。快適なルートを見つけた!・・と喜んだのもつかの間、まもなくササ藪斜面が始まる。
 急斜面の尾根、ササ藪をかき分けながら鹿道を辿って登る。次第に尾根が広くなってゆくから、下山に備えて赤テープを付けながら進む。

↓右岸の痩せ尾根に取付く
画像
















↓始まりは快適な尾根道
画像
















↓間もなくササ藪になる
画像
















9:51分  標高約720m地点通過
 尾根の中腹まで登ると南斜面のササ藪が薄くなる。右手に禰々子森と林道が見えてきた。

↓禰々子森が見えてきた
画像
















↓鹿の踏み跡を辿って登る
画像
















10:10分  標高780ピーク着
 標高821.2m三角点に繋がる尾根の上に到着。ササ藪が消えてなだらかな尾根を登る。この尾根に旧川井村、宮古市の境界杭が有る。雪が深くなってきたのでカンジキを付けて進む。

↓なだらかな尾根を登る
画像
















10:35分  林道合流
 繋方面から登ってくる林道に合流する。こちらの林道は広域基幹林道三ツ石線と言うだけあって車幅が広く路肩の整備もされている。雪が消えれば車の通り抜けが出来そうに見える。林道を歩いて禰々子森西側の峠に向かう。

↓林道に出る
画像
















↓林道を進む
画像
















↓正面に山頂が見える
画像
















11:06分  林道峠着
 林道の峠には広い路肩がある。たぶん駐車場になっているような感じがする。西側から北側の展望が開けていて、西に早池峰山から薬師岳、一ツ石山まで。北西方向遠方に小さく岩手山、そして青松葉山方面の山並みが見えている。青松葉山からサクドガ森の同定は難しい。

↓早池峰山方面
画像













画像














↓小さく岩手山
画像













 登りやすそうな斜面に取付いて林間に入る。雪の上にちらほらササが見えているが、それほど酷い藪ではなさそう。木々の間に南方の山並みが見える。妙沢山、オーヅ岳、小さく六角牛山が見える。峰続きの高滝森は、手前のピークの陰で見えていないのかもしれない。

↓林間に入る
画像














↓林間から南方
画像













↓オーヅ岳
画像














↓熊棚
画像
















↓若い森を登る
画像
















11:35分  禰々子森山頂到着
 若い木々に覆われた山頂に到着。雪の上に白杭が出ているから、積雪は50cmていどだろうか。硬雪だから三角点を掘り出すのは諦める。プレートは藪山が一枚だけ。半分割れて無くなっている。大槌盛岡合同山行、プレートを細かく見てゆくと面白い。展望は殆ど無い。木々の間から早池峰山の輪郭が見えている。
 下山はテープを回収しながら往路を戻り13:42分車に戻る。

車道駐車場→41分→尾根取付き地点→1時間06分→標高780mピーク→25分→林道→31分→林道峠→29分→禰々子森山頂
車道駐車場→3時間12分→禰々子森山頂


↓山頂
画像
















↓プレート
画像
















↓白杭
画像
















↓GPSトラック
画像
















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
禰々子森 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる