やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 高滝森

<<   作成日時 : 2013/03/14 13:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2013年3月7日(木)晴れ時々曇り
所在地  岩手県大槌町、宮古市境界
標 高  1160.3m


 高滝森には登山道が無いらしい。当初は北側の金沢壺倉牧場から、尾根伝いに登るルートを考えていた。しかし林道は冬期間積雪で通行できなくなる。鯨山に登った帰り道、大槌町側の林道の様子を確認して見ると、積雪が思いのほか少なかった。その上除雪車が入った形跡もあった。林道歩きが長くなりそうだが、大槌町側から登ってみることにする。

↓鯨山から高滝森を眺める
画像
















 遠野市内から国道340号を宮古市方面へ向かう。立丸峠を越えて下り、県道26号へ進み大槌町方面へ向かう。土坂峠から下って約12.8km地点、小又口バス亭から左へ別れる林道へ進む。このT字路に「まぼろしの滝、高滝観音入口まで約8km」の石板が立っている。
 集落の中を進み最奥の民家を過ぎると舗装が途切れる(約0.8km)その先は砂利道、凍りついた日陰路面を慎重に進む。林道はもっと先まで進入できそうだが、この先は落石が多そうなので県道から約1.4km地点に車を置いて出発する。

↓県道26号小又口から左の林道へ
画像
















↓県道に高滝の石板
画像
















7:55分  1.4km地点出発
 薄っすらと積もった雪が、踏み固められてツルツル氷になっている。カンジキを背負いつぼ足で歩く。

↓林道を進む
画像
















8:07分  小屋着
 荒れた小屋に到着。小屋の壁に高滝入口まで約5kmの表示がある。

↓小屋
画像
















画像
















↓林道を進む
画像
















8:25分  金治内澤橋着
 折合沢の支流に架かる金治内澤橋を渡ると右に林道が別れる。地形図で水呑場山方面へ伸びている破線の道になる。足跡が付いている、ハンターのものだろうか?
 周囲の山斜面には雪は殆ど見えないが、路面にだけ積もっている感じ。緩やかに登って行く。

↓金治内澤橋
画像
















↓林道脇に氷柱
画像
















8:55分  ヘアピンカーブ着
 林道最初のヘアピンカーブに到着する。この場所に「まぼろしの高滝入口へ約1km」の表示がある。県道から約7km地点、ここまで落石はあるものの、路面は良好だった。この先は山側斜面が険しくなってくる。ヘアピンカーブの先で山頂から下ってくる尾根にルートの一つを設定してある。この場所から取付けばうまく尾根に乗れそう。しかし雪が消えて柴藪斜面になっている。このルートは諦めて林道を進む。

↓ヘアピンカーブ
画像
















画像
















9:22分  高滝入口着
 鳥居のある広場に到着。林道路肩の駐車場は約10台分。高滝は高瀧観世音の鳥居をくぐり沢沿いの斜面を登って行くことになりそう。高滝まで参道徒歩約30分の表示がある。 林道はこの先大きく蛇行しながら登って行く。

↓高滝入口の鳥居
画像
















↓参道から林道を振り返る
画像
















 高滝手前の狭い尾根を登ると、標高770mのカーブまで林道をショートカットできそう。右岸の急斜面に続く雪の参道を登る。沢のカーブから目標の尾根を見上げると、急な岩尾根になっている。先に高滝を見物してみることにして参道を進む。急斜面にはロープが設置されている。整備された道、雪が無ければ安心な参道なのだろう。

↓谷の斜面の参道を進む
画像
















画像
















画像
















画像
















10:05分  高滝着
 43分も掛って高滝に到着。落差約35mだという。複雑な岩斜面を流れ落ちる滝。水量が少なく、一部凍っていて迫力は今一つだが、夏場には見ごたえがあるのだろう。高瀧観音に登山の成功を祈願する。人面岩も有るらしいが案内表示もなく、気がつかなかった。

↓高滝
画像
















↓高瀧観音
画像
















画像
















 地形図を確認してみると、高滝の上部に林道が回り込んできている。この場所から尾根を登った方が近い。高滝から右岸の斜面に取付いて這い上がる。尾根の上に出ると腰高の薄いササと柴の藪だった。雪をかぶった藪斜面、つぼ足では能率が上がらない。カンジキを履いて登る。

↓右岸の斜面を登る
画像
















↓ササ藪の尾根を登る
画像
















画像
















10:52分  林道到着
 林道カーブに到着。林道で途切れた尾根の上に踏み跡が見える。このまま尾根を登ることにする。林道を横切ってカラマツの尾根を登る。間もなくカラマツ林は終わりブナと雑木の森になる。急斜面を登る。

↓林道に合流
画像
















↓林道を横切って尾根を登る
画像















↓カラマツ林を登る
画像
















画像
















画像
















11:39分  標高980m地点着
 左からの尾根と合流、標高1011mピークの南側を巻いて山頂へ向かう。なだらかな尾根の上に作業道らしい道がある。山頂方向へ向かい標高1100m手前で西斜面へ下って行く。高滝森は数十年前に山頂まで伐採されたのだろう。細い再生雑木林が広がっている。まばらに残っている太いブナは母樹として残されたものだろうか。

↓尾根の上に作業道らしき道があった
画像
















↓カンジキの沈み込みはこの程度
画像
















画像
















画像
















12:29分  高滝森山頂到着
 展望のない尾根を緩やかに登り山頂に到着。プレートは一枚。予想通りの藪山プレートはまだ新しく見える。雪が深いから三角点は諦める。展望は木々を透かして北側に金沢壺倉牧場の草地斜面が白く見える程度。山頂まで4時間34分も掛ってしまった。帰路は安全な林道ルートを下ることにする。設定しておいた林道から山頂への最短ルートを使って尾根を下る。始まりは広い尾根。次第に急斜面になるから、下る尾根を間違えると大変。GPSを確認しながら慎重に下る。林道路肩斜面は崖になっているから沢に下りて林道に合流する。

↓山頂
画像
















↓プレートは一枚
画像
















↓展望は殆ど無い
画像
















13:25分林道着
 後は長い林道歩きが続く。路面状態は比較的良いが、所々落石がある。ショートカットは難しい。山側の路肩は崖になっている。急斜面には藪が殆ど無いから手掛かりが少ない。安全第一、林道をてくてく歩いて14:58分鳥居着。除雪は鳥居の先のヘアピンカーブまでだった。16:13分下山する。

林道1.4km地点→12分→小屋→1時間15分→鳥居→43分→高滝→47分→林道→1時間37分→高滝森山頂
林道1.4km地点→4時間34分→高滝森山頂


↓林道から高滝森を振り返る
画像
















↓GPSトラック
画像




















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
高滝森 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる