やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊野山

<<   作成日時 : 2012/11/23 21:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2012年11月22日(木)晴れ
所在地  岩手県遠野市
標 高  1001m


 熊野山は地図上にその山名は記載されていない。遠野市から宮古市川井へ抜ける国道340号の立丸峠西側、1001mのピークが熊野山。山頂には麓の恩徳集落にある熊野神社の奥宮がある。国道340号脇にある鳥居から山頂まで、良く整備された参道が続いている。

↓貞任高原から熊野山(左)とオーヅ岳(右)を眺める
画像
















 遠野市街から国道340号を宮古市小国方面へ向かう。立丸峠の手前、一番奥に位置する恩徳集落に到着すると、国道340号の左側(北側)に古びた神社がある。どこを見ても神社の名称など見当たらないが、これが熊野神社らしい。更に300mほど進むと左側に鳥居がある。こちらの鳥居には「熊野山大権現」の名称が付いている。鳥居の先には山頂奥宮へ続く参道が見えている。

↓国道340号脇の鳥居から登る
画像
















↓熊野山大権現の鳥居
画像
















8:50分  鳥居出発
 この付近に駐車場は無いが、広くなった国道路肩に車を止めて出発する。(約10台可)始まりは杉混じりの雑木林、間もなく尾根道になり、明るいヒバ林へと変わる。参道の左側、数メートル下にも道がある。伐採に使った重機道だろうか?この先標高850.4m三角点の手前まで並行して続いている。4〜5m巾の参道は、しっかり刈り込まれ整備されている。ヒバの林床にはこぼれた種から育った大小のヒバが育っている。これも枝打ち間伐がしっかりされて、林床まで日射しが差し込むからなのだろう。
 右側のヒバ林が途切れて落葉した雑木林に変わると視界が開けてくる。禿森方面の山並みが、木々の間を透かして見えている。

↓ヒバ林の尾根を登る
画像
















画像
















↓禿森方面の山並みが見える
画像
















9:18分  三角点ピーク着
 緩急を繰り返しながら尾根道を登り山頂手前のピークに到着。この場所に標高850.4mの三角点が有るはず。しかし登山道から眺めた限りでは、ササ藪に覆われていて標石は見えていない。標石探しは後回しにして先へ進む。(下山の時ササ藪の中に三角点を見つけた。登山道の数メートル右側(東側)の藪の中、ピークの最高地点に三等三角点があった)

↓三角点ピーク
画像
















↓藪の中に三角点
画像
















 ヒバ林のピークから少し下り始めると右側に立丸峠方面が枝越しに見えてくる。工事中の音が聞こえてくる。峠手前で現在工事中、工事車両が小さく見えている。
 三角点ピークを過ぎると緩やかに下って行く。正面に熊野山山頂と右隣にオーヅ岳の輪郭が見えている。ヒバ林は下り始めて間もなく終わる。鞍部に続く緩やかな尾根はナラ主体の森に変わる。林床は2m高前後のササ藪。しかし5m巾もある登山道には若いササの進入は見られない。この様子だと毎年夏に刈払い整備が行われているのだろう。
 登山道は落ち葉に覆われている。地面が掘りこまれていないから、参拝者がそれ程多いようには思えない。奥宮の参道整備、氏子の皆さまの信仰の篤さがうかがえる。

↓鞍部から正面に山頂を眺める
画像
















9:30分  鞍部着
 鞍部はミズナラ主体の森。大木もあり、ブナの倒木も有ったりで、原生林っぽい雰囲気。熊野山の見どころの一つだと思う。そしてこの場所から見上げる山頂は迫力十分! 鞍部から山頂まで標高差約170mを一気に登ることになる。急登の途中で南方を振り返ると、貞任高原方面の山並みが木々の間にわずかに見えている。山頂直下の急斜面はササ藪につかまりながら這い上がる。

↓ブナ倒木をくぐって進む
画像
















↓ミズナラの古木?
画像
















↓山頂直下の急斜面
画像
















↓山頂が見えてきた
画像
















9:50分  熊野山山頂到着
 山頂はおよそ20m四方のササ藪が刈り払われている。奥宮は予想に反して小さな祠が一つあるだけ。ご神木のヒバに囲まれて鎮座している。熊野神社奥宮に参拝する。

↓山頂
画像
















画像
















山頂は木々に囲まれていて展望は良くない。北隣りにオーヅ岳、東方には白見山と新田牧場、長者森、オーヅ岳と長者森の間遠方に妙沢山方面の山並みが、木々の枝越しに見えている。落葉前だったらオーヅ岳さえも見えるかどうか・・。南、西方面の展望はない。山頂からオーヅ岳へ続く稜線はササ藪に覆われている。一旦深い鞍部に下るルートになるから使えそうにない。もちろん踏み跡も見当たらない。山頂プレートも見当たらなかった。
10:57分下山する。この後は貞任高原へ標石探しに向かう。

鳥居→28分→三角点ピーク→12分→鞍部→20分→熊野山山頂
鳥居→1時間00分→熊野山山頂


↓オーヅ岳
画像
















↓白見山方面
画像
















↓GPSトラック
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
熊野山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる