やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 船形山1

<<   作成日時 : 2012/07/05 10:26   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2012年6月27日(水)晴れ
所在地  宮城県色麻町
標 高  1500.2m


 東北自動車道を大和ICで降りて、県道147号を西進、船形山神社へ向かう。旗坂キャンプ場から登る計画だったが、キャンプ場手前で右に別れる小荒沢林道の入口チエーンが外されている。小荒沢林道は通行できるらしい。それならば最短コースの大滝キャンプ場登山口から登ることに計画を変更する。県道147号から別れて、砂利道を約6.7kmで岳山林道に合流する。この場所に色麻大滝の展望台があるので、立ち寄ってみる。深い谷を挟んだ対岸に落差41mの一本滝。これは素晴らしい!
 林道合流地点から舗装道路が大滝キャンプ場へ続いている。キャンプ場までの約1.5kmの間に数ヶ所倒木が道をふさいでいる。倒木の処理が不完全で、乗用車がぎりぎり通れるかどうかの隙間しかない状態。枝を動かしながら無理やり通ってキャンプ場に到着する。

↓色麻大滝
画像




















 キャンプ場には車が無かった。(駐車場約20台)船形山への最短コースだから登山者は多いはず・・と思っていたからびっくり。しかしこのキャンプ場、「みやぎ新観光名所百選」に選ばれているにしてはちょっと荒れている。テントサイトは草刈りされていないし、扉が開きっぱなしのぽっちゃんトイレは古くて内部もちょっと荒れ気味。トイレの外壁には「熊が出没します」の表示板が貼り付けてある。なるほど、WC看板の柱は熊にかじられているから説得力は充分。

↓キャンプ場トイレ
画像
















↓キャンプ場
画像
















他にもバンガローの屋根にブナ倒木が乗っかっていたり・・・野趣あふれるというか、実にワイルドな野営場。しかし炊事場?の湧水だけは水量豊富に流れだしている。この湧き水は「人命水」日本唯一の霊泉と言うだけあって大変おいしい。

↓バンガロー?
画像
















↓駐車場
画像
















↓炊事場
画像
















↓人命水
画像
















画像
















8:02分  大滝キャンプ場出発
山頂へ2.6km
 登山口から100m弱進むと分岐に到着。左へ進むと三光ノ宮分岐で旗坂キャンプ場登山口からの升沢コースに合流する。(三光の宮へ1.2km)下山はそちらのコースを歩く予定。分岐を直進して山頂への最短コース、色麻コースを登る。

↓分岐・左は三光の宮へ
画像


















8:09分  湯谷地通過
周囲はブナの森、5月の強風被害だろうか?倒木が多い。大きなブナ倒木が連続すると藪を漕いで迂回する。目印テープが無いから登山道探しに手間取る個所もあった。登山道は刈払いがしばらくされていない感じ。倒木処理も全くされていない。今朝は朝露が無いからいいが、露の有る時にはカッパ上下が欲しい。
8:38分  眺望所着
 右の高みに登ってみると東方の展望がわずかに開ける。目の前に見えるピークは千本松山だろうか?その遠方に大和町の田園風景が見えるのかどうか・・霞んでいて良く分からない。
 緩急を繰り返しながらブナの森を登る。

↓ブナ林を眺めながら登る
画像
















8:50分  鏡ケ池分岐着
 右から小野田コースが合流する。そちらの登山道も良く踏みこまれている。
分岐から少し登ると、くまさんの糞が落ちていた、虫が集まっていないから新しそう。分岐を過ぎると急登になってゆく。
9:05分  展望台の表示板着
 山頂まで0.6km地点で展望台の表示があったが、展望は開けない。次第に灌木帯になる。振り返ると前船形山が見える。

↓小野田コースと合流する
画像
















9:23分  尾花沢分岐着
 稜線の分岐に到着。右手の岩(御来光岩)に登ると展望が開ける。北隣りのピークは薬師森、右に前船形山と鏡ケ池が見える。北方の栗駒山方面は霞んでいて見えないのは残念。
分岐を直進すると山形県尾花沢へ下る層雲峡コースになるらしい。山頂へは左の尾根を登る。

↓御来光岩の分岐
画像
















↓薬師森と前船形山を眺める
画像
















↓山頂を見上げる
画像
















9:33分  船形山山頂到着
 一等三角点の山頂に到着。山頂には誰もいない。展望は360度開けているが、遠方は霞んでいて北方の栗駒山は良く分からない。西方の黒伏山方面はくっきり見えているが、その遠方の月山と東根市街は霞んで見えている。南方は面白山あたりまで、それより遠方の蔵王方面は霞んでいて良く分からない。南東に北泉ケ岳と泉ケ岳へ続く稜線が見えている。
 山頂の花はミヤマキンバイが見頃。もう少し花を期待していたがちょっと期待外れ。今の時期、登山者が少ない理由がわかった気がする。焼石、栗駒あたりに流れているのだろう。山頂避難小屋を覗いてみる。ストーブと薪が備えられている。しかし緊急用の薪だから暖房・炊事用には使用禁止の張り紙がある。

大滝キャンプ場→36分→眺望所→12分→鏡ケ池分岐→33分→御来光岩→10分→船形山山頂
大滝キャンプ場→1時間31分→船形山山頂




↓山頂の標柱
画像
















↓一等三角点はインテリジエント基準点になっている
画像
















↓山頂から北方の展望
画像














↓北西方面
画像














↓西方の展望
画像














↓南西方面
画像














↓南方、泉ケ岳方面
画像














↓山頂避難小屋
画像


















船形山2へ   山行の記録へ   

やっちゃん日記トップへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い
船形山1 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる