やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 飛定地山

<<   作成日時 : 2012/04/23 19:43   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2012年4月10日(火)晴れ
所在地  岩手県大船渡市
標 高  549.7m


 氷上山から下山後飛定地山へ向かう。あかりんさんのブログあかりんの岩手低山奇行の山行記録飛定地山には、主三角点の写真が載っている。内陸の山では珍しくない主三角点だが、沿岸の山ではまだ見たことがない。主三角点見物を兼ねて登ってみることにする。
 飛定地山には登山道が無いらしい。あかりんさんは、東側の林道から登っているが、私は山頂西側の尾根へ突き上げる南側の林道を使って登ってみようと思う。
 陸前高田市から国道45号を大船渡市へ向かう。通岡峠を越えて下り、信号十字路を右折して県道38号を碁石海岸方面へ向かう。船河原地区から右折して山間部を迂回して末崎町へ向かう舗装路へ進む。
 林道の入口までの道が判りづらいが1/5万地形図で見当をつけて右へ別れる林道へ進む。まもなく国道45号の下をくぐる。 林道の路面、路肩は良好、乗用車で大丈夫。入口から約1.6km進むと林道が別れる。右に別れる道は林道ではなく重機道らしい。林道は直進方向にもう少し続いているように見える。
 地形図上では林道の終点から破線の道が、尾根の上に向かって伸びている。この破線の道を使って尾根まで登り、飛定地山へ向かうつもりだった。しかしここから右の重機道を登った方が山頂に近そう。広くなった路肩に車を止めて出発する。

↓林道分岐・右へ進む
画像
















12:40分  林道分岐出発
 重機道の右側には山頂方向から流れ下ってくる沢がある。左の斜面には若い杉の植林地が広がっている。その杉をホンシュウシカの食害から守るために、2m以上の高さにネットが張り巡らされている。杭が新しいから昨年設置されたものだろうか?
重機道を少し登ると正面にアカマツがまばらに生えた尾根が見えてくる。地形図を見るとあの尾根の右側が山頂らしい。若い杉植林地が終わると、林床がすっきりした雑木林をすすむ。雑草や柴が無い道、夏でも歩き易そう。

↓重機道を登る
画像
















↓ネットで囲まれた杉植林を振り返る
画像
















↓すっきりした重機道を登る
画像
















12:50分  重機道別れ着
杉林の尾根に行き当たって道が別れる。左右どちらに行こうか迷ったが、左の重機道へ進む。100mも進まないうちに行き止まりになる。右の杉林に取付いてトラバース気味に登って行く。かなりの急斜面、間伐された枝に手をかけながら攀じ登る。

↓杉林の尾根で道が別れる・左へ進む
画像
















↓杉林を登る
画像
















13:01分  杉林抜ける
 杉林を抜け出すとアカマツの混じった雑木林の尾根を登る。藪なしで歩き易い。

↓雑木林を登る
画像
















13:16分  稜線に到着
 飛定地山から西へ延びる尾根の上に到着。この先は狭い尾根を小さなアップダウンを繰り返して進む。テープは無いが、踏みこまれている。枝を透かして左側に見えてくるピークは686.8mの無名峰らしい。氷上山は山頂の手前で見えてくるが、枝が邪魔をして輪郭だけ。
 山頂の手前で北側から登ってくる尾根と合流する。そちらの尾根には境界見出標と山境界石があるが、テープは見えない。一登りして山頂に到着する。

↓稜線に到着
画像
















↓歩き易い尾根を進む
画像
















↓山頂直下
画像
















13:30分  飛定地山山頂到着
 山頂は尾根の東側が少しの範囲立木が伐採されている。しかし展望は開けていない。西に氷上山の輪郭だけ、東側は眼下に大船渡湾と遠方に綾里の山並みの輪郭が見えているだけ。山頂の三角点は3等。こちらもICタグが埋め込まれてインテリジエント基準点になっている。目的の主三角点は、3等三角点の3mほど南側にあった。柱石の状態は傷も無く良好。表の文字も、裏面の山の文字もはっきり読み取れる。そして3等三角点の北側にも山境界標石があった。西面に一四八・東面に山の文字。山頂は標石で賑やか。

↓山頂に到着
画像
















↓三等三角点
画像
















↓主三角点
画像
















↓主三角点の裏面
画像
















↓山境界標石
画像
















↓山境界標石裏面
画像
















↓氷上山
画像
















↓大船渡湾
画像
















 プレートは二枚、文字の消えた小さな板きれと、ILPの立派なプレート。ILPのプレートを見るのは七兵衛頭に次いで二枚目だと思う。手作りには見えないプラスチック製のプレート。一枚の予算はいくらぐらいだろう? 往路を戻って14:16分下山する。

林道分岐→10分→重機道別れ→26分→稜線→14分→飛定地山山頂
林道分岐→50分→飛定地山山頂

↓山頂プレート
画像















↓GPSトラック
画像


















 下山後は碁石海岸の世界の椿館・碁石に立ち寄り、色とりどりの椿を見物。赤、白、黄色、斑入り、八重咲き・・・牡丹のように大きな花もあって素晴らしい。椿見物の後は碁石レストハウスで名物の「いかせんべい」をお土産に買う。イカスミの入った黒いせんべい。イカの風味が強くて美味!
 その後大船渡の大船渡おさかなセンターでワカメとお魚を買って帰宅する。

↓世界の椿館・碁石の館内
画像
















画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
飛定地山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる