やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS オイネガ森

<<   作成日時 : 2012/02/12 21:38   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2012年2月5日(日)晴れ
所在地  岩手県釜石市
標 高  664.9m


 オイネガ森という山名もおもしろい。オイネガ森をアイヌ語で調べてみるとオイネもオイネガも出てこない。オイネは方言でオオカミのことだという記事がこちらのHPに載っている。そうだとするとオイネガ森はオオカミの森という意味かも知れない。山名が面白いので登ってみることにする。
 遠野市内から笛吹峠を越えて、県道35号を釜石市鵜住居へ向かう。橋野町太田林の交番から左の道へ入り横内集落へ向かう。県道から約1.8km先のT字路は右へ進む。約500m進むと伐採作業の重機やトラックが止まっている。今日は日曜日だから作業は休みらしいが、この先車の進入はしない方がよさそう。
 オイネガ森には登山道が有るのか無いのか良く分からない。GPSには集落の外れから標高552mピークの鞍部に向かってルートを設定してある。現在地は設定ルートの取付き地点よりも手前の場所。とにかく沢を渡らなければならない。沢を見下ろすと、地図には無い林道が対岸に延びている。ちょうど林道左側にある空き家の場所から右に別れている。雪が無ければ車が通れそうだが今は無理。空き家の先の林道広場に車を止めて、つぼ足で出発する。

↓林道広場に車を止める
画像















↓右の林道へ進む
画像
















9:20分  空き家出発
 杉林の中を進み沢を二つ渡ると林道が別れる。左の林道は沢沿いに延びていて荒れている。右の林道へ進む。左カーブを回り込むと左に墓地があった。雪が無ければここまで車が進入できそう。しかし駐車スペースは数台程度しかない。林道はこの先も続いているが荒れている。道の真ん中に雑草が生えているから夏でも車は入れないだろう。正面にオイネガ森の山頂を見ながら進む。

↓沢を越えて杉林を進む
画像















↓墓地を左に見ながら林道を登る
画像
















↓荒れた林道の正面にオイネガ森が見える
画像
















 右斜面に小屋が見えてくると林道の雑草は勢いを増してくる。左の杉林の中はすっきりしていて歩き易そう。杉林の中を登る。杉林の入口に赤テープが付いていた。林の中にも赤テープがある。最初は林業関係の目印だろう・・と思っていたが、これは登山コースの目印だった。この先山頂まで赤テープが続いている。

↓左の杉林の中を登る
画像
















↓林道を登る
画像
















荒れた林道部分を過ぎると再び林道を登る。積雪は30cm程度、野うさぎ、キツネ等の足跡ばかり、登山者のトレースはない。左に雪で埋まった小沢を見ながら谷を登る。
9:50分  標高450m地点着
 林道が沢に合流すると赤テープは尾根の鞍部に向かって急斜面を直登してゆく。斜面途中で左から登ってくる林道を横切り、尾根の鞍部に到着する。

↓谷間の急斜面を直登する
画像
















↓細い雑木林
画像
















10:10分  尾根鞍部着
 オイネガ森から西に延びる尾根上の鞍部に到着。この先は尾根の上を山頂へ向かう。鞍部からは、林間を透かして南方に仙磐山の輪郭が見えている。尾根の上はアカマツ混じりの雑木林。ササ藪は全く無くて細い雑木ばかり。どうやら伐採後の二次林らしい。視界が良くて狭い尾根だから山頂まで不安のないルート。その上尾根の上に赤テープがたっぷり付いている。しかも細い雑木を鉈で刈払ったらしく、道が出来上がっている。足元の踏み跡はどの程度か判らないが、刈払いされて目印テープが付いているのだから、登山道があると言って良いだろう。
 しかし鋭く尖った切り株がニョキニョキ突き出しているから、滑って転ぶわけにはいかない。昔ゲリラ部隊が敵の進入を阻止するために竹槍を突き刺した落とし穴を作った話を思いだす。雪が深くなり切り株が隠れると竹槍トラップが完成する。不用意に地面に手をついたり、座り込んだりするとケガをすることになりそう。

↓尾根鞍部に到着
画像
















↓南方に仙磐山が見える
画像
















↓先がとがった切り株
画像
















↓尾根を登る
画像
















↓目印赤テープ
画像
















 小さなピークを迂回し、岩場を乗り越えて山頂へ向かう。北方に木々を透かして新山牧場の風車群が見える。その遠方ははっきりしない。南方も相変わらず木々が邪魔をして展望が開けない。

↓北方に風車群
画像
















↓小さな岩尾根を乗り越える
画像
















↓山頂が見えてきた
画像
















10:47分  オイネガ森山頂到着
 なだらかな山頂に到着。雪から突き出した三角点白杭の周囲は、半径10mほどの広場になっている。積雪は30cmほど。足で雪をかき分けると二等三角点が現れた。柱石の上面にはICタグが埋め込まれている。ここにもインテリジエント基準点があった。山頂プレートは2枚。青白と文字の消えた小さなプレート。
 山頂からの展望は無い。木々の間から東方に鯨山と周囲の山並みの輪郭が見える程度。
下山の途中でオイネガ森の西にある、標高552mのピークに登ってみる。こちらの山頂も展望は開けないが、オイネガ森の輪郭が木々の向こうに確認できた。12:05分下山する。

空き家→50分→尾根鞍部→37分→オイネガ森山頂
空き家→1時間27分→オイネガ森山頂


↓山頂
画像
















画像
















↓二等三角点
画像
















画像
















画像
















↓北方の展望
画像
















↓下山途中552mピークを眺める
画像
















↓552mピークからオイネガ森を眺める
画像
















GPSトラック
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
オイネガ森 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる