やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 一ツ石山

<<   作成日時 : 2011/06/21 08:48   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2011年6月12日(日)晴れ
所在地  岩手県遠野市、宮古市境界
標 高  1058.3m


 大垂水を下山後、遠野市街を通って国道340号を宮古市方面へ進む。伝承園手前十字路信号を左折して県道160号を上附馬牛へ向かう。上附馬牛からT字路を右折して大規模林道を荒川高原へ向かう。
 センターラインのある舗装されたスーパー林道、快適に高度を上げて行く。放牧場が見えてくると、今が見ごろのヤマツツジが見えてくる。しかし群落と言えるほどの株は見えない。右の牧場に親子馬が駆け回る様子を見て更に登ってゆくと、左下に牧場の管理舎が見えてくる。更に進むと正面に一ツ石山のなだらかな山頂が見えてくる。その山頂には展望台も見える。
 一ツ石山の西側へ回りこんでいくと、左側に駐車スペースがある。この場所に車を止めて出発する。

↓正面に一ツ石山が見えてきた
画像















↓林道脇の駐車場
画像
















10:00分  林道駐車場出発
 10年近く前に来たときには、山頂へ続く道がはっきり見えていたような気がする。今では植林されたカラマツが伸びて登山道がはっきりしない。駐車場から山頂を眺めると、林道路肩から丸太を埋めた階段が続いている。これが登山道の上り口だろう。
 防風柵の設置されたカラマツ林に入ると、踏み跡らしいものが無数についている。どれが登山ルートなのか紛らわしい。それでも林床にはササが生えていないからどこでも歩ける。草と雑木の薄い場所を選びながら登ってゆく。振り返ると早池峰山と薬師岳が大きく見えている。

↓山側に丸太の階段が見える
画像
















↓カラマツの斜面を登る
画像
















↓振り返ると早池峰山
画像
















↓山頂の展望台が見えてきた
画像
















10:10分  一ツ石山山頂到着
 壊れかけた展望台が見えてくると間もなく山頂に到着する。コンクリートブロック造りの展望台は大破状態。3月11日と4月7日の地震で倒壊しなかったのが不思議なくらい。屋上へ続く鉄製階段を登ってみるが、屋上に上がる勇気は出てこない。展望台一階の室内で休憩するのも危険そう。いつ天井が落ちるか判らない。

↓展望台
画像
















↓展望台内部
画像
















 潅木とササが進入し始めている芝地の山頂には、四等三角点と山境界標石(圖根点)があった。
山頂からの展望は素晴らしい!北方西側から薬師岳、早池峰山、その右奥には一等三角点の石峠、堺ノ神岳、峠ノ神山まで見えている。東方には妙沢山、高滝森、土坂峠、長者森、白見山、その手前にはオーヅ岳が見えている。
南方には片羽山、六角牛山、その右手前には耳切山が見えている。たぶん石上山も見えているような気がするが、霞んでいて良く分からない。西方は荒川高原の最高峰大黒森とその北隣のピークに遮られて遠方の山は殆ど見えない。大黒森と北のピーク鞍部の遠方に見える山は大麻部山と寺沢高原かもしれない。山頂からの展望を楽しんで10:42分下山する。この後は耳切山へ向かう。

駐車場→10分→一ツ石山山頂

↓山頂の山境界標石(圖根点)
画像
















↓山境界標石(圖根点)
画像
















↓四等三角点
画像
















↓四等三角点標石
画像
















画像
















↓山頂から早池峰山
画像
















↓堺ノ神岳、峠ノ神山
画像














↓白見山方面
画像














↓六角牛山方面
画像














↓耳切山方面
画像
















↓大黒森方面
画像
















↓早池峰山
画像
















↓GPSトラック
画像



















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
一ツ石山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる