やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙人峠

<<   作成日時 : 2010/08/22 11:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2010年8月19日(木)曇り
所在地  岩手県釜石市、遠野市境界
標 高  887m


 仙人峠は2007年3月に遠野側から登っているが、峠から釜石口までは未踏になっている。今回は釜石側の上り口の大橋郵便局から遠野側の上り口まで縦走してみようと思う。軽トラックにバイクを積んで出発。 遠野市街から国道283号を釜石方面へ向かう。新仙人峠道路手前から国道283号を右へ進み仙人トンネルへ向かう。仙人トンネル入口に到着。駐車場にトラックを置いてバイクで大橋郵便局へ移動する。
仙人峠遠野側の山行記録はこちら

「峠物語 仙人峠の変遷」はこちら(国土交通省三陸国道事務所 釜石維持出張所のHP)

↓JR釜石線大橋駅前の大橋郵便局
画像
















↓郵便局角にある釜石街道の標柱
画像
















8:20分  大橋郵便局出発
中仙人茶屋跡まで2.4km、仙人峠まで3.4km、遠野上り口まで5.5km
大橋郵便局の標高が250m、仙人峠の標高約887m、遠野上り口の標高約560m
 道路を横断して橋を渡り、国道283号の下をくぐって住宅地の道を登る。住宅が途切れると橋を渡り山道が始まる。九十九折の道、間もなく尾根に出る。アップダウンが無い一定勾配に整備された道、道幅も広く大変歩きやすい。

↓橋を渡り住宅の中を進む
画像
















↓切り通しの道
画像
















↓九十九折の道を登る
画像
















 尾根の少し南斜面寄りに登るのは、冬の北風を避けるためだろうか?南斜面は杉やアカマツの植林地だが、街道までは登ってきていない。広葉樹の中の道、このあたりは街道の風情を残そうという意図が感じられる。
 木々の切れ間から南方に五葉山方面の稜線が見える。しかしそれも一瞬のこと、展望の無い林間を登る。林床には殆どササが生えていない。雑草も殆ど生えていないから見通しがよい。
遠野物語48話には「仙人峠にもあまた猿をりて行人に戯れ石を打ち付けなどす」と語られているが、猿はもちろん鹿の鳴き声さえも聞こえてこない。無風の森、たっぷり汗を流しながら登る。
 左側にシナノキの大木が現れると間もなく中仙人茶屋跡に到着する。

↓南に五葉山方面の山並みが見える
画像
















↓シナノキの大木が現れると中仙人茶屋はすぐそこ
画像
















9:05分  中仙人茶屋跡着
標高約580m、仙人峠まで1.1km
 ここまで標高差330mを稼いできた。仙人峠まで残りの標高差は約300m、中仙人茶屋は峠までのほぼ中間に位置している。ここまで標高差330mの急登。しかし緩急が少ない道なので疲れがずいぶん少ない。もっとも背負った荷物が10kgほどしかないのだから当たり前のことではある。街道が使われていたころの旅人は、数十キロの荷を背負ってこの道を越えていったのだろうから、相当難儀なことだっただろう。

↓中仙人茶屋跡に到着
画像
















画像
















↓石の水槽
画像
















 中仙人茶屋跡はなだらかな斜面の広場になっている。茶屋が在ったであろう広場の上部には祠がある。中をのぞいてみると空っぽ、ご神体はなし。祠が30度ほど回転して台座から落ちそうになっている。近年大きな地震が3度ほど続いたからその後遺症なのかもしれない。ちょっとねじってやれば元に戻りそう・・にも見えるが100kgぐらいはありそうだから失敗したら大変!止めておこう。
 祠の右前には山神様の石碑が立っている。こちらの石碑には大正10年?の文字が刻まれている。
祠に続く石段の下には、台石の上に石の水槽が乗っている。昔は約630m先の沢から樋を使って引いてきた水が、この水槽に注がれていたのだという。今は濁った水が少し、水槽の底に溜まっている。

↓中仙人茶屋跡を見下ろす
画像
















↓祠
画像
















画像
















 中仙人茶屋跡で休憩して出発、少し登ると右側に標柱があった。暗くて刻まれた文字が読めない。写真を撮ったが、自宅で拡大しても全く読めなかった。これと同じ標柱が遠野側上り口近くにも立っている。そちらは赤ペンキが塗られていたので文字が読めたが、「里程標 十七里」と刻まれている。もしかするとこれも里程標かもしれない。
 茶屋跡と峠まで0.6km地点の中間地点付近で南方の五葉山と、東方の山並みが見えるだけ、仙人峠まで殆ど展望が開けない。

↓標柱があった
画像
















画像
















↓南方に五葉山が見える
画像
















↓峠まで0.6km地点
画像
















↓峠が近づいてきて、道が緩やかになる
画像
















↓東方に見える山並み
画像
















↓仙人峠に到着
画像
















画像
















9:55分  仙人峠着
遠野側上り口まで2.1km
 仙人峠の広場に到着。この場所にも峠の茶屋があったという。大正9年にこの峠を越えた沼井鉄太郎氏が著した北上山地によると、峠の広場の山側に数段上がった場所に仙人神社のお堂があり、道を挟んだ反対側に茶屋があったという。お堂の裏には小さな祠があり十本の剣が奉納されていたという。
峠広場から山側を見上げると祠が見える。祠の外に錆付いた鉄剣が一本、祠の中にも小さな剣が供えられている。この祠が大正時代からこの場所に在ったものだとすれば、お堂はこの前に立っていたことになる。峠広場から一段上がった場所に手水場(ちょうずば)の石があるから、鳥居はその手前にあったはず。鳥居、手水場、お堂、祠の順に並んでいたのかもしれない。
 遠野物語49話には「仙人峠は登り十五里降り十五里あり。その中ほどに仙人の像を祀りたる堂あり。この堂の壁には旅人が山中にて遭いたる不思議の出来事を書き識すこと昔よりの習ひなり。以下省略」と語られている。
 沼井鉄太郎氏が大正9年に訪れたときには、古色蒼然としたお堂が立っていたという。お堂があったと思われる場所は、ササと雑木が繁っていて板切れ一枚、土台石さえも見当たらない。

↓峠広場から祠を見上げる
画像
















↓手水場の石?
画像
















↓仙人神社の祠
画像
















峠からは東方の山並みが少し見えるぐらいで展望は良くない。峠の南側の尾根上にある送電線鉄塔の場所からは、展望が開けるので行ってみることにする。
10:09分  62番鉄塔着
刈払い整備された管理歩道を一旦鞍部に下り、登り返して鉄塔に到着する。展望が開けるとは言っても、南方の五葉山方面は尾根の陰になって見えない。北方に片羽山雌岳と東へ伸びる尾根、釜石鉱山の土砂ダム、北西方面に大開山が見える程度。写真を撮って峠へ戻る。

↓鉄塔下から片羽山方面
画像
















↓鉄塔下から釜石鉱山方面
画像
















↓鉄塔下から西を見下ろす
画像
















↓大開山方面
画像
















10:35分  仙人峠戻る
 遠野側上り口に向かって下る。釜石側は林床のササが少なかったが、峠を越えて遠野に入るとササが多い。しっかり刈払いされているので全く問題はない。こちらも九十九折の道で歩きやすい。
10:46分  沓掛観音案内板着
遠野側上り口まで1.6km
 沓掛観音の案内板がなぜこの場所に立っているのだろう?沓掛観音(早瀬観音)は仙人トンネル入口から早瀬川を少しさかのぼった場所にある洞窟に祭られていたはず。この場所と沓掛観音との関係やいかに・・?

↓沓掛観音の案内板付近
画像
















 下るに従い道が荒れてくる。雨水で路盤が流され、道が深く掘れ始めている。雨水処理のための側溝が埋まっていて雨水が道を流れ下っている。このまま放置してはまずそう・・。整備がゆきとどいた釜石側の道とは対照的に見える。
11:13分  里程標着
 赤ペンキを塗られた標柱が道の右側に立っている。道を向いた面に「里程標 十七里」と刻まれている。遠野側の面には「至 仙人峠二十一町 至 遠野町四里丗町」釜石側の面には「上閉伊郡上 字細越字」里程標の裏面には「岩手縣」とある。かつてこの峠道(釜石街道)は県道だったということなのだろう。里程標の17里は約68kmだから、起点は盛岡だろうか。

↓里程標
画像
















画像





















11:20分  遠野側上り口到着
 これで旧釜石街道仙人峠を踏破完了する。この後観音岩の洞窟を見物してバイクを回収、次の目的地大開山へ向かう。

大橋郵便局→45分→中仙人茶屋跡→50分→仙人峠(鉄塔往復休憩40分)→45分→遠野側上り口
大橋郵便局→3時間00分→遠野側上り口(休憩含み)


↓遠野側上り口到着
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
仙人峠 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる