やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 権現山(死助)

<<   作成日時 : 2010/06/06 21:18   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010年5月30日(日)曇り
所在地  岩手県遠野市、釜石市境界
標 高  970.2m


 片羽山から下山後、死助権現に参拝して県道35号を笛吹峠へ向かう。笛吹峠から遠野市側へ100mほど進んで右の林道へ入る。権現山の西斜面を通って界木峠方面へ向かう林道、未舗装だが路面は良好、路肩も荒れていない。権現山の山頂へ続くなだらかな尾根を右に見ながら林道を進む。
 林道が山頂に一番近づく地点、最短ルートを探りながら進む。山頂の西側に回りこむ手前で右に林道が分かれているが、一旦林道が下る地点まで進んでみる。しかし他に取り付きやすそうなポイントは見つからない。Uターンして林道路肩に車を止める。右の林道入口付近には駐車スペースはない。

↓界木峠へ向かう林道を進む
画像
















12:40分  林道出発
 右の林道を少し進むと草地に出る。権現山の南斜面に広がる草地。南隣に六角牛山が大きく見えている。その手前の鞍部が「山中にて必ず山男山女に出逢ふより、誰も皆おそろしがりて往来も稀になりしかば、つひに別の路を界木峠といふ方に開き、・・・」と遠野物語5話で語られている笛吹峠。西には大昔湖だったという遠野盆地(遠野物語1話)が見渡せる。

↓草地へ続く林道を歩く
画像
















↓権現山南斜面に広がる草地を登る
画像
















↓振り返ると六角牛山が見える
画像
















↓西に遠野盆地を見下ろす
画像
















 山頂へのルートを探しながら草地を登る。林間に生えているササは膝丈ぐらいだから視界は良い。薮の薄そうな場所から林間に入る。山頂に向かって牧柵の支柱が続いているが、有刺鉄線は地面に下ろされているから邪魔にはならない。雑草もまだ伸びていない。荒れた放牧場に多い野ばらがまったく無いのはありがたい。牧柵支柱を視野に入れながら緩斜面を登る。右手林間の切れ目から片羽山が見える。

↓草地は山頂手前で途切れる
画像
















↓林間へ入る
画像
















↓林間から片羽山
画像
















↓林間を登る
画像
















12:55分  権現山山頂到着
 わずかな薮こぎで山頂に到着する。山頂で真っ先に目に入ったのは、文字面に赤ペンキを塗られた御料局三角点(三等)だった。現物を見るのは御大堂山に続いて二個目になる。三等三角点は御料局三角点の10mほど東にあった。こちらは標石の頭が欠けて三等の文字部分が無くなっている。

↓山頂に到着
画像
















↓御料局三角点
画像
















↓こちらは三等三角点
画像
















 さて、山頂に祀られていたという死助権現の祠はどこだろう?山頂周囲には他にピークらしい地形は見えない。なだらかな下り斜面が続いている。牧柵と平行して山頂から東に土塁が続いている。その土塁を挟んで三等三角点の南側に数個の大岩があった。
 岩の周囲を探してみる。遠野物語32話には「・・・・さてまた前なる山へ来てつひに死したり。その地を死助といふ。死助権現とて祀れるはこの白鹿なりといふ。」としか語られていないから、山頂に祠があったのかどうかははっきりしない。祠が有ったとしても石作りだったとは限らない。木の祠だったら無くなっていて当然だろう。仙磐山の山中にあった千晩神社の権現様は、祠の中ではなく大岩の根元で雨風をしのいでいた。さすれば死助権現はこの岩の隙間に祀られていたとしてもおかしくない。
 先ほど神社で見てきた死助権現、小さな石に目鼻を刻まれ、苔が石の中まで根を張っているようにも見えていた。あの大きさならこの岩の隙間にも入りそう。苔だらけになっても当然といえる。
 祠さがしはこれまでとする。千晩ヶ岳から片羽山そして死助まで、白鹿と縫の死闘の道を辿る山旅はこれでおしまい。13:33分下山する。

草地入口→15分→権現山山頂

↓牧柵に沿って土塁があった
画像
















↓山頂の大岩
画像















↓この岩の隙間に死助権現が祀られていたのかも・・
画像
















↓GPSトラック
画像



















 下山後は林道を北へ向かい、界木峠方面へ下る。ついでに界木峠まで行ってみれば良かったのだが、うっかり忘れてしまった。
 林道を下って土淵町へ向かう。次の目的地は佐々木喜善さんの生家のある山口集落。佐々木喜善さんの生家は道端に案内板があるのですぐに分かった。今もご子孫の方々が生活をされている。集落の奥まで進むと水田の脇で水車が回っている。この場所に駐車場とトイレも完備されている。     
 次に、案内に従ってダンノハナへ向かう。「遠野物語112話、114話」昔の館跡、そして処刑場跡だと言われるダンノハナ。今は墓地になっていて佐々木喜善さんの墓がある。坂道を登り喜善さんの墓地へ向かう。小さな喜善さんの墓石には生花が供えられている。
 墓地からは喜善さんの生家が見下ろせる。今から100年ほど前、柳田国男はあの小道を馬に乗って喜善さんの生家へやってきたのだろう。
 最後にデンデラノ「遠野物語111話、112話、遠野物語拾遺268話」に立ち寄って帰宅する。

仙磐山(千晩ヶ岳)の山行記録は こちら

片羽山の山行記録は こちら

画像

















↓山口の水車
画像
















↓佐々木喜善さんのお墓
画像
















↓ダンノハナから山口集落を見下ろす
画像
















↓デンデラノ
画像
















画像
















↓デンデラノにある「あがりの家」
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い
権現山(死助) やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる