やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿部館山

<<   作成日時 : 2010/04/22 17:51   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2010年4月9日(金)晴れ
所在地  岩手県盛岡市、岩泉町境界
標 高  1218.4m


 安部館山には登山道が無いらしいので、積雪期でないと登れないらしい。雪が締まって歩き易くなったこの時期に登ってみることにする。
 盛岡市街から国道106号を宮古市方面へ向かう。登山の起点になる櫃取へは松草から県道171号を通るのが近道なのだが、4月9日正午まで冬期間の通行止めになっている。明日になれば朝から通れるのだが、仕事の関係で今日しか都合がつかない。念のため松草から県道171号へ入ってゲートを確認してみるがやっぱり閉まっている。国道106号を更に宮古方面へ進み、川内から左折してスーパー林道を釜津田へ向かう。スーパー林道から県道171号へ合流して左折、釜津田を通って櫃取へ向かう。

↓県道171号の冬季閉鎖ゲートに到着
画像
















 8:35分  櫃取橋出発
県道171号の櫃取橋に到着。冬期間に通行できるのはここまで、この少し先に通行止めゲートがある。この場所に駐車スペースはないので路肩に車を止める。橋を渡って直ぐに右へ分かれる林道へ入る。
 朝の冷え込みで林道の雪は締まっている。気温が上がればカンジキの出番が有りそう、ザックに括り付けてつぼ足で歩く。林道にはスキーのトレースがついている。新しいものではないから、先週の土日ごろ入山したのかもしれない。今日は阿部館山に登った後、櫃取湿原を廻り県道171号を歩いて櫃取橋に戻る予定。雪が凍っている間に阿部館山まで登ってしまいたい、急ぎ足で林道を進む。

↓県道171号から右へ別れる林道へ進む
画像
















 歩きながらGPS画面を覗いてみると、コンパスがでたらめな方向を指している。谷間の林道歩きだからGPS電波の受信状況が悪そう。立ち止まると徐々にコンパスが正常に戻ってゆく。いつもGPSのストラップを首に掛け、本体を胸ポケットに入れて歩いている。谷間の道で誤差が大きいのはいつものことだが、帰宅してGPSのトラックを確認してみると予想以上に軌跡が大きく振れていた。今日は快晴だから電波受信は良いはずなのだが・・・歩行速度が速かったためだろうか?

↓GPSトラック
  谷間を通る林道、県道部分の軌跡は誤差が大きい。
画像



















9:16分  椴松沢橋着
 とど松沢橋に到着。林道の正面に阿部館山が見えている。とど松沢の右岸にはスキーのトレースが付いている。山頂方向から滑り下ってきたトレースの様にもみえるが、ここから山頂に向かって直登したとしても危ない急斜面は無さそう。予定では、とど松沢橋を渡ってすぐ左の尾根に取付き、安部館山の北隣にある標高1148mピークに向かって登り、尾根沿いに阿部館山に向かうルート。直登するか、尾根を迂回するか迷うところだが、地形図を見ると直登方向は地形が複雑っぽくみえる。初めての山だから、ここは一般ルートの尾根迂回コースで登ることにする。

↓とど松沢橋の正面に阿部館山が見える
画像
















↓とど松沢橋を渡ってすぐ左の尾根を登る
画像
















 尾根に取り付くと、こちらにもスキーのトレースが付いている。トレースを追って斜面を登る。残雪斜面には太いササが立ち上がり始めている。ブナ、ダケカンバ等のまばらな原生林、雪が消えたら一面ササ薮だらけの斜面なのだろう。林間に目印テープは見当たらない、山頂まで全く目印テープはなかった。

↓ダケカンバとブナの森を登る
画像
















画像
















画像
















9:44分  尾根の上着
 1148mピークから下ってくる尾根の上に到着。尾根を緩やかに登ると東方に青松葉山方面、北方に御大堂山方面の山並みが見えてくる。

↓尾根の上に到着
画像
















9:53分  1148mピーク着
 ダケカンバに覆われたなだらかなピークに到着。ここから一旦鞍部に下り、阿部館山手前のピークに向かって登り返してゆく。鞍部からピークまで樹林のない雪原が広がっている、直滑降で滑り降りたトレースが残っている。振り返ると御大堂山へ続く稜線と、その遠方に姫神山と大尺山が霞んで見えている。

↓1148ピークから山頂方向
画像
















↓山頂北のピークに向かって登る
画像
















↓登ってきた1148ピークを振り返る
画像
















10:05分  阿部館山北隣のピーク着
 阿部館山の北隣にあるピークに到着。ピークの上からは北方の御大堂山方面と青松葉山方面の展望が開けている。鞍部に下って阿部館山へ登り返してゆく。

↓御大堂山方面を眺める
画像
















↓山頂北端に向かって鞍部へ下る
画像
















↓山頂の東遠方に早池峰山が見える
画像
















↓山頂北端の北斜面を登る
画像
















10:16分  阿部館山北端着
 南北に長い山頂の北端に到着する。この場所に面白い形の岩がある。これは御金蔵岩というらしい。柱状の岩が2本西斜面から突き出している。他に大岩がごろごろ有るわけでもなく、人工的な構造物でもなく・・ちょっと不思議な雰囲気がある。
 高木の無い山頂からの展望は素晴らしい。北方には御大堂山から姫神山、大尺山、西方には岩手山から秋田駒ケ岳、東方に青松葉山。山頂を三角点方向へ移動してゆくと、南方に早池峰山から毛無森へ続く稜線と手前に岩神山が見えてくる。
 阿部館山の最高地点は標高1221m、標高1218.4mの三等三角点は山頂の南端にある。

↓御金蔵岩
画像
















↓御金蔵岩と遠方に岩手山
画像
















↓阿部館山の山頂には高木がないので展望が素晴らしい。
画像
















↓北方に岩手山と姫神山
画像
















↓山頂から御大堂山方面
画像

















↓山頂から青松葉山方面
画像

















阿部館山2へ   山行の記録へ   

やっちゃん日記トップへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
阿部館山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる