やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 高洞山

<<   作成日時 : 2010/01/30 15:07   >>

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2010年1月27日(水)曇り
所在地  岩手県盛岡市
標 高  522.0m


↓県道36号から高洞山を眺める
画像
















 盛岡市内のJR山田線上米内駅の駐車場に車を止める。
10:00分  駅駐車場出発
線路を渡って線路と平行する林道を右へ進む。林道は左へカーブして杉林の中を登ってゆく。林道の交差点には高洞山→の案内板が立っている。林道には踏み固められたトレースがついているから登山者は多そう。一応カンジキは持ったが、最後まで出番は無かった。

↓線路を横切り上米内駅を振り返る
画像
















10:13分  最後の林道分岐着
 林道の別れを左に進み、杉林を100mも登ると道幅が次第に狭くなり歩道に変わる。

↓林道分かれには案内表示がある
画像
















10:22分  杉林抜ける
 杉林を抜けると、右下に沢を見ながら雑木林を登る。この沢が仲居沢というらしい。まもなく登山道は沢に合流してしまう。チョロチョロと流れる程度の水量しかないから登山靴でも問題なく歩ける。

↓沢の中を登る
画像
















10:31分  小清水着
 湧き水に到着する。備え付けのコップで飲んでみると、水が生ぬるく感じる。夏に飲むきりりと冷たい水と違って、味はまずまずといったところ。
小清水を過ぎると枯れ沢の道になる。次第に勾配がきつくなってゆく。右側の斜面に「こわ坂」と書かれたプレーとが山頂側を向いて木の枝にぶら下がっている。急斜面だから下りは特にこわい・・気をつけて・・ということだろうか。固められたトレースの上には10cm弱の新雪、慎重に登る。

↓湧き水に到着
画像
















10:44分  なめこ平着
 山頂から東へ伸びる尾根の上に到着。右が山頂方向、そして左の尾根方向にも目印テープが見える。東側からも登山コースがあるのだろうか?山頂までは急斜面を登る。ロープが設置された急斜面には「ざんげ坂」のプレートが見える。

↓尾根に到着
画像
















↓ざんげ坂を上る
画像
















↓急坂にはロープが設置されている
画像
















↓山頂が見えてきた
画像
















10:50分  高洞山山頂到着
 直径10mほどの山頂広場には、山頂表示板が二枚と三等三角点があった。山頂からの展望は岩手山方面だけ開けている。北方の姫神山は木々の枝越しに見えている。
 三角点標石が少しおかしい。標石の上に黄色いシールが貼られている。誰かのいたずらだろうか・・?よく見ると「ucode」と書きこまれている。シールを貼ったのではなさそう。文字の周りにボンドが塗りつけられているから何かを埋め込んだようにも見える。帰宅してからネットで調べてみると、ucode(ユーコード)とはユビキタスコンピューティングにおいて個々のモノや場所を識別するために割り振られるID番号の体系のこと・・・云々とある。何のことやらチンプンカンプンではあるが、更に調べてみると、このucodeが付けられた三角点は「インテリジェント基準点」というらしい。位置情報が入力されたICタグを標石の中に埋め込んであり、専用の読取機を使うことによって三角点の情報を現場に居ながらにして得ることができるのだという。現在は試験段階らしいが、将来は都市近郊の基準点にはucodeが付けられてゆくのかもしれない。

上米内駅→31分→小清水→13分→なめこ平→6分→高洞山山頂
上米内駅→50分→高洞山山頂


↓山頂に到着
画像
















↓三等三角点
画像
















↓岩手山方面
画像
















↓姫神山方面
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
高洞山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる