やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 土倉山

<<   作成日時 : 2009/12/15 20:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2009年12月8日(火)晴れ
所在地  岩手県花巻市、遠野市境界
標 高  1084.3m


 地図上では土倉山の山頂近くまで林道が通じているように見える。中腹には牧場もあるので、登山道が無くても少々の薮こぎをすれば登ることができそう。本格的な積雪で林道が通行できなくなる前に挑戦することにする。
 遠野市から国道396号を盛岡方面へ向かう。花巻市大迫町の岩脇から右に入り、八木巻川沿いの道を進む。国道396号から約5,7km地点の沢崎バス停交差点は直進する。更に2kmほど進んだ橋の袂に通行止めの標識が立っている。道はこの先、東峰牧場の失水峠を越えて内川目まで下り、県道43号に合流している。道幅はほぼ林道サイズだが、舗装されている。12月1日から4月30日までは積雪のために冬季閉鎖されるらしいが、今年は暖冬で雪が少なくまだ通行できるらしい。上れる所まで車で進むことにする。
 約2.4km進むとY字路があり、左が宇瀬水牧野への表示がある。右へ進み東峰牧場方面へ進む。まもなく路面に薄っすらと積雪があるが、車で十分登れる状態。放牧場まで上っても積雪は増えない、峠まで車で上ることができた。

↓最後の民家の先は冬期間通行止めになる
画像
















↓宇瀬水牧野への分岐を過ぎると路面に雪がある
画像
















↓東峰牧場から土倉山を眺める
画像
















↓土倉山の遠方に鶏頭山
画像
















 牧場の管理棟が近づくと、北方に目指す土倉山のなだらかな山頂が見える。その左遠方には鶏頭山と毛無森、さらに左遠方には岩手山が薄っすらと見えている。牧場の管理棟を過ぎると道は下ってゆく。管理棟から約400m進むと右の放牧場の中に道が分かれる。この道が地図上で土倉山へ向かって伸びる林道らしい。右の林道に入り放牧場の中を緩やかに上ってゆく。この林道には牛の糞が落ちているので、夏の間はたぶん通行できないかもしれない。約600m進むと吹き溜まりのために車が通れない、手前の駐車スペースに車を止める。

↓牧場管理棟付近から土倉山を眺める
画像
















↓吹き溜まりの手前に車を止めて歩く
画像
















10:40分  林道出発
 放牧場内の林道・・農道?を歩く。積雪はせいぜい5cmぐらいだが風が冷たい、牛の糞は凍っているから踏んでも安心、緩やかに高度を上げてゆく。土倉山の南にある標高1040mピークの下まで来ると林道は西へ下ってゆく。ここからは右手の放牧場の中の農道へ進み、1040mピーク目指して草地を登る。

↓林道から登ってきた放牧場を振り返る
画像
















↓林道を進む
画像
















↓林道から南方の展望
画像
















↓林道から分かれて右の牧場を登る
画像
















↓標高1040mピークが近づいてきた
画像
















11:15分  標高1040mピーク着
 放牧場内で一番標高が高い地点に到着、南方から西方にかけて展望が開けている。南方には大麻部山、石上山まではっきり見えている。大麻部山の左遠方には五葉山から片羽山までの山並みが見える。西方はすぐ隣に猫山、その右遠方には東根山から赤林山あたりまで志和三山の山々が見えているが、奥羽の山並みは霞んでいて焼石連峰は見えない。北方には牧場の隙間から岩手山だけが見えている。条件が良ければ焼石岳、栗駒山、室根山あたりまでは見えそう。

↓1040ピークから北方に岩手山
画像
















↓西に猫山が見える
画像
















↓南方に石上山
画像
















↓南西方面に砥森山
画像
















 山頂へは牧場の有刺鉄線をくぐって森の中を進むことになる。有刺鉄線の外側はササ藪になっている。切れ目はないか・・とピークの周辺を見渡してみるが、登山道らしいササの切れ目は見つからない。林間に入るとササはそれほど濃くはない。雪に押し倒されてほとんど気にならない。細いダケカンバの森を緩やかに鞍部に下り山頂へ上り返してゆく。
 鞍部を過ぎると道らしい踏み跡が見えるが、目印テープは見つからない。たぶん境界見出の古い刈払い跡か、山菜取り道なのかもしれない。

↓ダケカンバの森を登る
画像
















11:32分  土倉山山頂到着
 雪の上に傾いた柱石が突き出している。しかし三角点柱石にしてはちょっとおかしい・・・と思ったら、近くの雪の中に三等三角点柱石が見つかった。この傾いた柱石は何だろう?どちら面にも文字は見えない。山頂プレートは3枚ある。直径5mほどの広場は荒れてはいないから、刈払い等の管理はされている感じがする。展望は無いが、北方の林間を透かして北隣の白森山の輪郭が白く見えている。
12:35分 車に戻る。

林道途中→35分→標高1040mピーク→17分→土倉山山頂
林道途中→52分→土倉山山頂


↓山頂に到着
画像
















↓山頂の三等三角点
画像
















↓山頂は展望が無い
画像
















↓山頂プレート
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
土倉山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる