やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 御大堂山

<<   作成日時 : 2009/11/16 16:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2009年11月12日(木)曇り
所在地  岩手県盛岡市、岩泉町境界
標 高  1195.7m


 火石山を下山後、松草から県道171号へ入り、櫃取から櫃取林道を登って峠に到着する。林道十字路手前100mほどにある、牧野入口駐車場に車を止める。火石山では晴れて陽射しがあったのだが、いつの間にか曇り空に変っている。気温も下がってきているから、雪が降ってくるかもしれない。御大堂山は藪こぎもありそうなので、防寒とゴミ避けを兼ねてゴア合羽の上下を着こむ。

↓御大堂林道から御大堂山を眺める(11月6日撮影)
画像
















↓牧野入口に駐車する
画像
















11:16分  牧野入口出発
 牧草地の左端、カラマツの防風林と牧柵沿いに登ってゆく。振り返ると南東方向に山頂付近が白くなった青松葉山が見える。牧草地の上部からは雑草と潅木混じりの原野になる。更に進むと若いダケカンバ主体の林へと変る。この辺りまで来るとカラマツの防風林は無くなり、牧柵の左側に土塁が現れる。高さ1mほどに土盛りされた壁が、牧柵と平行して山頂方向へ続いている。牧柵の右側にはコース目印の赤テープも見える。牧柵沿いに登ってゆく。

牧草地を登ってゆく
画像
















↓荒れた牧草地を進む
画像
















↓林の中に入ると土塁が現れる
画像
















↓目印テープもあった
画像
















↓古い境界見出標もある
画像
















11:34分  ササ藪こぎ始まる
 目の前にササ藪が現れた。牧柵はササ藪の中に消えている。藪の入口に赤テープが付いているから、ここからコースは藪に突入するのだろう。牧柵の有刺鉄線は地面に落ちていて、支柱だけが藪の中に見えている。支柱を追いながら土塁右側の溝の中を進んで行く。数十mも進むと倒れ込んでいるササに阻まれて歩けない。左の土塁の上を見ると薄いながら踏み跡が付いていることに気がついた。幅50cmもない土塁の上部には確かに踏み跡があった。とは言ってもササ藪に覆われていることに変りはない。土塁の上は周囲よりも1mほど高いので、幾分視界がいい。赤テープと古い境界見出標も付いているので、コースには間違いなさそう。ササをかき分けながら進む。

↓いよいよササ藪に突入する
画像
















↓土塁の上には踏み跡がある
画像
















↓振り返ると青松葉山が見える
画像
















12:00分  歩道に合流する
 山頂が近づくと土塁が消えてしまう。薄い踏み跡も消えてしまうが、藪を少し進むとはっきりした歩道に出る。登山道だろうか・・?下山の時に少し下ってみたが、平成18年6月30日の日付のある境界見出標が見つかった。こちらは盛岡市と旧玉山村境界沿いに付けられた境界見出標の刈払い道だと思う。下の林道まで刈払いされているとすれば、登山コースとして利用できそう。下山後に林道を回りこんで確認してみたが、車から見た限りでは、はっきりした入口は見えてこなかった。
 歩道を50mも進むと、岩を積み重ねた三角点に到着する。

↓土塁が終わると歩道に合流する
画像
















↓しっかりした歩道を進む
画像
















12:03分  御料局三角点着
 柱石の南面に「御料局三角貼」裏面に二等と刻まれた標石が設置されている。こちらの三角点は明治時代に宮内庁御料局が設置した基準点だという。陸地測量部が設置した三角点は藪の中にあるらしい。御料局三角点の小山の上からは、南方の展望が開けている。南東に青松葉山、南方に阿部館山、その遠方に早池峰山と鶏頭山、写真ではよく分からないが、岩神山も確認できた。南西には乙部三山、志波三山の山並みも見えている。今にも雪が落ちてきそうな空模様、展望が楽しめたのは幸運だった。
 御料局三角点から山頂へは、背丈を越えるササ藪の中を進む。山頂プレートの右脇からササ藪のトンネルに入る。踏み跡と赤テープが付いているので、ササをかき分けながら進む。

↓御料局三角点に到着
画像


















画像
















↓山頂プレートは御料局三角点にある
画像
















↓御料局三角点から阿部館山方面
画像
















↓御料局三角点から乙部三山方面
画像














↓御料局三角点から志波三山方面
画像














↓山頂へ向うササ藪のトンネル
画像
















12:16分  御大堂山山頂到着
 三角点の周囲3mほどの範囲だけ藪が途切れている。二等三角点を確認する。笹藪の凄い山だから、三角点を探し出すのに苦労するのでは・・と心配していたが、山頂までテープと踏み跡が付いているところを見ると、登山者は案外多いのかもしれない。しかし夏場には登りたくない山ではある。当然展望は全くなし。
13:18分 下山する。

牧場入口→18分→藪こぎ開始→29分→御料局三角点→13分→→御大堂山山頂
牧場入口→1時間00分→御大堂山山頂


↓三角点の広場
画像
















↓二等三角点
画像

















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
御大堂山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる