やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 三沢ノ頭

<<   作成日時 : 2009/11/09 06:33   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2009年11月6日(金)晴れ
所在地  岩手県盛岡市、岩泉町境界
標 高  1209.2m


 一等三角点の点名「石峠」山名「三沢ノ頭」には登山道が無いことは6月の下見山行の時に確認してある。下見山行記事はこちら「三沢ノ頭偵察」そこで木々がすっかり落葉して藪こぎがし易くなったこの時期に挑戦してみることにする。
 国道455号を早坂高原へ向う。早坂トンネル手前から左折して旧国道を早坂峠へ向う。早坂峠から右の町道へ進む。約3.8kmで放牧場入口に到着。放牧場の農道入口ゲートには鍵が掛かっている。牧場内には牛の姿は見えないから、放牧はすでに終わっているのだろう。放牧が終わればゲートは開放されているのでは・・と少し期待していたが残念。牧場内でゴミを捨てたりしない事を誓って、無断立ち入りを許してもらおう。監視小屋付近に車を止めて出発する。

↓農道から三沢ノ頭を眺める
画像
















8:16分  牧場入口出発
 牧場内の農道を緩やかに登って行くと右前方に目指す三沢ノ頭が見えてきた。なだらかな山頂は樹高の高い木々に覆われているように見える。ひどいササ藪だと山肌が青く見えるのだが、稜線に青は見えてこないから、山頂までそれほど時間は掛からないかもしれない・・・なんて考えながら歩く。先週の須賀倉山の山行からGPSを使い始めた。まだ自在に使いこなせるまでにはなっていないが、地図上に現在位置が表示されるということは、ものすごく安心感がある。今日は藪こぎ山行だから心強い。

画像
















8:40分  浦志内三角点のカーブ通過
 浦志内三角点の右カーブを回り込むと農道は下り坂になる。正面に見える標高1150mピークは、6月の下見山行の時に竜子頭の手前のピークだと思っていたのだったが、このピークが竜子頭だった。点の記では正面の草地を横切り、竜子頭を乗越えて山頂へ向っている。今回はどうしたものか・・?6月の下見の時に見つけた藪の取り付き地点からは、三沢ノ頭と竜子頭の鞍部に直接登る事になる。正面の竜子頭の藪を乗越えて進めば距離的には近いが、藪こぎは思いのほか時間が掛かるし、体力的にも消耗する。農道を下って竜子頭を回り込むと標高差100m弱ロスする事になるが、急がば回れという諺もある、当初の計画通り下の放牧場から鞍部に取り付くことにする。

↓農道の正面に竜子頭が見える。
画像
















9:05分  放牧場の東端着
 農道から右の放牧場に入り、草地の上端の牧柵に沿って進む。

↓農道から右の放牧場へ進む
画像
















↓牧策に沿って進むと三沢ノ頭が見えてきた
画像
















9:11分  牧柵を乗越えて林間へ入る。
 放牧場の一番上から林間に入る。ダケカンバ主体の森。林床のササは膝から腰の高さでまばらに生えている程度。斜面には幾つも薄い踏み跡が付いている。獣道と山菜採り道が混じっている感じ。歩き易い斜面を選んで左寄りに登ってゆく。GPSにコースは設定済みだが、万一の事態に備えて赤テープを付けながら進む。鞍部が近づくと明らかに歩道らしい踏み跡が見つかった。鞍部にある古い放牧場へ続く道だと思うが、今ではほとんど歩かれていない感じ、鞍部に近づくといつの間にか消えてしまう。

↓牧策を乗越えて林間へ入る
画像
















↓藪の薄い林間を登る
画像
















↓鞍部が続く歩道があった
画像
















9:36分  鞍部の下着
 鞍部に有るはずの草地の真下まで登ると、2m超のササ藪の壁が立ちはだかっている。計画では古い放牧場に出て、尾根沿いに登るつもりだったのだが・・・。ササ藪の左上を見上げると、山頂方向の尾根が見えている。左の林間の中は藪が薄くなっているから、鞍部下の林間を左にトラバースして尾根に取り付いた方が良さそうだ。少し下ってダケカンバの森を登る。ササ高は2mぐらい、斜度はそれほどきつくない、前が見える程度の藪をこぐ。

↓鞍部下の笹薮の壁
画像
















↓古い放牧場は一面のササ藪
画像
















↓ダケカンバの林間を登る
画像
















9:55分  藪の薄い台地着
 斜面の途中に藪が途切れた平地があった。(標高1150m地点)ここで一服する。放牧場跡を見下ろすと、ほとんど草地が残っていない様に見える。竜子頭を乗越えて来たらあのササ藪に突当たっていたことになる。こちらのルートを選んで正解だった。

↓藪の薄い台地から竜子頭方面
画像
















↓鞍部の放牧場跡にはほとんど草地が残っていない
画像















↓尾根に向って藪をこぐ
画像
















10:05分  尾根の上着
 山頂に続く狭い尾根の東端に到着。(標高1170m地点)尾根の上には目印テープがあった。テープは鞍部の草地方面から登ってくるように見える。尾根の上には踏み跡がついている。少し進むと基準点らしき標柱が見つかった。上面の四つの角を削り落とされた柱石、地面から出ている部分には「界三」の文字が読み取れる。

↓尾根の上に到着
画像
















↓標石があった
画像
















 山頂までは距離200m、標高差40m弱のなだらかな尾根を進む。足元には薄い踏み跡が見えているが、しかし見えているだけのこと。ササ藪が手前に覆いかぶさっているので、踏み跡をトレースしようと思っても無理。踏み跡はあまり意識しないで、藪の歩き易いところを選んで進む。しかし下山の時にはこの踏み跡に沿って進むと大変歩きやすかった。小さなアップダウンを乗越えて山頂に到着する。

↓尾根を進む
画像
















10:22分  三沢ノ頭山頂到着
 ササ藪をかき分けて山頂に到着。一等三角点標石の周囲はササが短く薄い。標石が藪に隠れているのでは・・と心配していたが直ぐに見つかった。周囲は若いダケカンバの林が広がり展望は無い。三沢ノ頭のプレートも確認。
10:32分 山頂出発。赤テープを回収しながら下山する。下山途中で、6月の下見山行で見つけられなかった浦志内4等三角点を探して見る。藪に隠れた三角点、GPSの力を借りて探し出すことができた。11:13分牧場入口に戻る。下山後は上明神山に向う。


農場入口ゲート→24分→浦志内三角点のカーブ→31分→牧柵を乗越えて林間へ入る→25分→鞍部の下→29分→尾根の上→17分→三沢ノ頭山頂

農場入口ゲート→2時間06分→三沢ノ頭山頂

↓山頂に到着
画像

















↓山頂プレート
画像
















↓一等三角点
画像

















画像
















↓浦志内4等三角点
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
三沢ノ頭 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる