やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 十二神山

<<   作成日時 : 2009/11/28 08:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2009年11月22日(日)晴れ
所在地  岩手県宮古市、山田町境界
標 高  731.4m


 今年は岩手県の一等三角点29点の踏破を目標に掲げてきた。すでに28点を踏破済み、残すは十二神山のみとなっている。しかし十二神山の三角点は、自衛隊基地の中にあるために許可を受けなければ山頂に登ることはできない。あくまでも趣味の山歩きなので、許可申請をしてまで山頂の三角点にこだわるほどのことでもない。山頂三角点に一番近い、北隣にあるアンテナピークまで登って29点目の山行を終えたいと思う。
 国道45号から津軽石川を渡って藤畑集落へ向う。十二神自然観察教育林へ続く林道を進む。舗装が途切れてから約6km、荒れた林道を登って峠に到着する。

↓国道45号から十二神山を眺める
画像
















9:25分  峠出発
 峠には4〜5台分ぐらいの駐車スペースがある。十二神自然観察教育林へ向う林道はこの先下っているが、右の尾根筋に向って林道が分かれている。林道の先には電波反射板の立つピークがある。このピークからアンテナピークへ向って尾根を進む予定。
 林道は間もなく歩道に変る。左の林間を透かして十二神山を見ながら進む。

↓峠から右に林道へ進む
画像
















9:40分  歩道終点着
 電波反射板のピークから北に下る尾根の、中腹にある広場に到着。ここから電波反射板のピークに向って管理歩道があるはず・・と思ったら見当たらない。尾根の西側を巻くように荒れた踏み跡が続いているのでそちらに進む。しかし間もなく道が無くなるが、元々登山道があるとは思っていない。アカマツ混じりの雑木林の中、藪を掻き分けながら電波反射板のピークとアンテナピークの鞍部に向う。

↓歩道終点広場に到着
画像
















9:55分  鞍部着
 電波反射板のあるピークからアンテナピークへ続く狭い尾根に取り付くと、薄い踏み跡があった。藪をこいで尾根を登る。アンテナピークへの急登が始まるとササが無くなるので歩きやすくなる。

↓鞍部付近から電波反射板のピークを振り返る
画像
















10:16分  アンテナピーク着
 幾つも電波塔が立つピークに到着する。電波塔の脇から三角点のある山頂を眺める。三角点まで直線距離で約200m、標高約690m地点だから、山頂よりも約40m低いだけ。これ以上は進めないから、これで十二神山を踏破とする。山頂の一等三角点は、機会があったら見学してみたいと思う。
 下山途中に電波反射板の立つピークに立ち寄ってみた。こちらからは雑木が邪魔をして山頂はよく見えない。北方の峠ノ神山と宮古湾の一部が見えた。電波反射板のピークから管理歩道を下ってみると、中腹にある広場の少し手前で歩道と合流していた。管理歩道は、歩道から折り返すように左斜面を登っているので見落としてしまったのだった。11:30分、峠に戻る。

林道の峠→51分→アンテナピーク

↓アンテナピークに到着
画像
















↓アンテナ塔の脇から山頂を眺める
画像


















山行の記録へ   やっちゃん日記トップへ



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
十二神山 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる