やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 五葉山黒岩コース

<<   作成日時 : 2009/07/13 12:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日  2009年7月6日(月)晴れ
所在地  岩手県住田町、大船渡市境界
標 高  五葉山 1341.3m
       黒 岩 1321.7m


 奥州市から国道397号を住田町へ向う。住田町で国道107号に合流して陸前高田市方面へ進む。国道340号交差点から左折して国道340号を遠野市方面へ北上、途中から県道167号へ左折して滝観洞(ろうかんどう)上有住駅方面へ向う。途中の中埣(なかそね)まで来ると、道路左側に「五葉山登山口、黒岩・桧山コース」の案内板が見えてくる。案内に従いT字路を右折して登山口へ向う。集落の中の一本道を進む。民家が途切れると舗装が終わり林道になる。県道167号T字路から約3.5kmで黒岩コース登山口に到着する。林道をさらに2.6km進むと「五葉山麓森林公園」の入口駐車場に着く。森林公園内にある「あすなろ山荘」からも五葉山への登山道がある。今回は黒岩コースを登り、帰路はあすなろ山荘に下って黒岩登山口に戻る周回コースを歩いてみようと思う。

↓中埣(なかそね)バス停から右に入る
画像
















7:40分  黒岩登山口出発
 登山口の右側には五葉山案内図が立っているが、汚れて目立たないので注意しないと通り過ぎてしまう。(駐車スペースは路肩に4〜5台)登山道は荒れた作業道歩きから始まる。左に沢を見ながら3分も歩くと、登山道は作業道から分かれて左の杉林の中に入ってゆく。こちらはマイナーコースだから登山道は荒れているかも・・と思い込んでいたが、予想に反してしっかり整備されている。五葉山神社の参道として、また登山道として利用されてきた道なのだろう。ごく最近登山道の刈払い作業が行われたらしい。まだ青々とした雑草が散乱している。
 杉林の中を緩やかに登る。植林地の境界が近づくと勾配がきつくなり、右に斜面を巻きながら登ってゆく。

↓黒岩登山口、右の作業道へ進む
画像
















8:03分  二合目着
 二合目の標識を通過する。
8:10分  林道を横切る
 五葉山麓森林公園の入口駐車場から伸びてくる林道に出た。路面は荒れていないが車が通った様子はない。この林道は公園側の入口に通行止めのロープが張られているので車両は通れない。林道を横切り登山道を進む。林道から上部はヒノキアスナロの森が始まる。とは言ってもヒノキの純林ではない。広葉樹の森に細いヒノキが混じっているといった感じ。適当に陽射しが入るので針葉樹林の鬱蒼とした感じはあまりない。それでも苔むした岩があったりして、ヒノキ林の雰囲気は充分。

↓二合目に到着
画像
















↓林道に出る
画像
















↓ヒノキアスナロの森を登る
画像
















8:15分  三合目着
 三合目の標識が木の根元に落ちていた。
8:30分  登山口から2.1km、黒岩まで2.8km地点着
 登山口の標高が約500m、稜線の標高が約1000mなので、標高差約500mの尾根。尾根の東斜面を折り返しながら急登してゆく。左側の木々の隙間から、五葉山の北隣にある愛染山が見えてきた。標高1228.6mの愛染山山頂はまだまだ高い。標高1321.7mの黒岩から伸びてくる稜線もまだまだ遠い。汗を拭き水分補給をしながら高度を稼ぐ。

↓登山口から2.1km地点
画像
















↓愛染山が見える
画像
















8:45分  なだらかな道になる
 尾根に近づくと、林床を膝丈のササに覆われた広葉樹の森に変る。尾根に広がる森は、みな細い雑木ばかり。樹齢数十年といった感じに見える。
8:55分  稜線に到着
 黒岩から西に伸びてくる尾根の上に到着する。標高990m地点、つつじヶ峰の鞍部だと思う。ササがきれいに刈り払われた登山道を緩やかに登ってゆくと小沢が現れた。
9:10分  水場着
 赤い吸殻入れの脇を小さな沢が流れている。水場の表示はないので飲み水には適さないと思う。冷たい沢水で顔を洗う。水場を過ぎると黒岩手前のピークに向って、次第にきつい登りになってゆく。
9:25分  八合目着
 八合目の表示板を通過する。ここが八合目だとすると十合目は黒岩だろうか?それとも五葉神社?合目の表示板はこの先見つけられなかった。

↓尾根の上に到着
画像
















9:30分  大沢コース分岐着
 八合目を過ぎると間もなく林間から抜け出す。刈払いされていたのは林間の部分までだった。潅木帯にでてしまうと露をたっぷり含んだ枝が体をこする。分岐から大沢コース方面にも踏み跡がついている。刈払いされていないので潅木を掻き分けて進む感じにはなるが、数十mほど進んでみた限り足元はしっかり付いている。
 分岐を過ぎると黒岩手前のピークへ向って岩場登りが始まる。ズボンをびしょぬれにして潅木の道を進み、岩場にとりつく。赤ペンキのマーキングを追いながら大岩を登る。この雰囲気、鳥海山の新山の岩場登りを思い出す。

↓大沢分岐
画像
















↓黒岩手前のピークが見えてきた
画像
















↓岩場を登る
画像
















9:37分  岩尾根の上着
 振り返ると登ってきた尾根と、はるか下方に檜山集落が見える。南方には大船渡湾と氷上山、北方には愛染山とその遠方に六角牛山と片羽山が見えている。東に見える黒岩の山頂までは標高差50mほど。あの黒岩のピークを越えれば、その先五葉山まで胸突き八丁の登りはない。見頃になり始めたシャクナゲの写真を撮りながら進む。

↓登ってきた尾根を見下ろす
画像
















↓黒岩を眺める
画像
















10:00分  黒岩着
五葉山山頂まで2.2km、大沢登山口まで5.1km
標高1321.7mの黒岩に到着。展望はさっきのピークとほぼ同じだが、南側眼下に鷹生ダムが見えている。山頂の三等三角点は大岩に穴を開けて埋め込んである。明治43年四等、昭和55年柱石35cm。黒岩からは小さいアップダウンを繰り返しながら五葉神社へ向う。

↓黒岩山頂
画像
















↓黒岩から五葉山方向
画像
















↓愛染山方面
画像
















↓愛染山
画像
















↓鷹生ダム方面
画像
















五葉山黒岩コース2へ   山行の記録へ   

やっちゃん日記トップへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
五葉山黒岩コース やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる