やっちゃん日記・山行記録集

アクセスカウンタ

zoom RSS 子規古道

<<   作成日時 : 2016/10/30 19:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

山行日2016年10月15日(土)晴れ
所在地  岩手県西和賀町、秋田県横手市境界
標 高  笹峠 620m


 明治26年に正岡子規が通ったという子規古道を歩いてみる。西和賀町の県道1号線から県道12号線へ進む。約5km進むと右に女神山へ向かう林道が分かれる。直進して100m程の場所左側に、正岡子規の句碑が立っている。さらに県道を進んで終点に到着。県道1号線から約8km地点。駐車場は約10台。子規古道入口の表示板がある。

↓正岡子規の歌碑
画像















↓県道終点
画像















画像















8:25分  駐車場出発
 斜面を一登りすると尾根上の街道に出る。2〜3m幅の広い道が続いている。この場所より下の街道は県道に合流した場所で消えている。
 整備された快適な道を進む。右側の木々の隙間に、女神山が見える場所がある。街道は尾根の北側斜面を進む。急斜面の場所では道幅が狭くなり登山道レベル。峠が近づくと広い道になる。

↓整備された街道
画像















↓右に女神山が見える
画像















画像















画像















画像















8:45分  笹峠着
 尾根の切通しに県境のプレートが落ちている。笹峠の文字は見当たらない。峠手前につぶれた金属缶が転がっている。蛇口が付いている。直ぐ脇に沢があるが、缶の支柱らしい残骸は見当たらない。

↓笹峠
画像















↓手前につぶれた缶
画像















↓県境のプレート
画像















 峠を越えると日差しの入る若い杉林の道。雑草は刈り払われているが、トラバース道は少々歩きにくい。広葉樹の森に入ると快適な道になる。
 広葉樹の森から抜け出すと西側の視界が開ける。黒森山から御嶽山へ続く稜線が見えている。

↓雑草が刈り払われた道を進む
画像















画像















画像















↓小さい沢を横切る
画像















画像















9:25分  林道地形始まる
 荒れた林道らしい地形が始まる。右側の斜面が削られているから、この辺りまで秋田側の県道工事が行われたのだろう。

↓林道地形が始まる
画像















↓御嶽山から黒森山の稜線が見える
画像













9:30分  県道側溝着
 路肩にコンクリート側溝が現れる。

画像















9:35分  車止め着
 車道に車止めの支柱がある。この場所に広場があり車はここまで進入できる。古道歩きは実質的にここまででおしまい。ここまで急登も危険な箇所もなかった。紅葉シーズンにはちょっと早かった。ブナ林の紅葉時期のハイキングが良さそう。

↓車止め
画像















↓車止め広場
画像















↓車道を歩く
画像















9:55分  秋田側入口着
 車道を歩いて舗装林道との交差点に到着。この後往路を戻って11:40分下山する。

岩手側入口→20分→笹峠→50分→車止め広場→20分→秋田側入口

岩手側入口→1時間30分→秋田側入口


↓秋田側入口
画像















画像















↓GPSトラック
画像










街道の記録へ   やっちゃん日記トップへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
子規古道 やっちゃん日記・山行記録集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる